稲森いずみ“陽子”&吉沢悠“昂太”、夫婦の最後の戦いの結末は――!?

公開: 更新:
稲森いずみ“陽子”&吉沢悠“昂太”、夫婦の最後の戦いの結末は――!?

稲森いずみが主演を務める金曜ドラマDEEP『夫婦が壊れるとき』(日本テレビほか、毎週金曜24:30〜※この日は25:00~)の最終話(第13話)が、6月30日に放送される。

同ドラマは、夫と子供に恵まれ、医師として順風満帆な生活を送る真壁陽子(稲森)が、不倫が発覚した夫を徹底的に追い込んでいく苛烈な復讐の物語。現在TVerでは、第1話、第9話〜第12話、ダイジェスト動画、ドラマ本編のすべての伏線が回収され、謎が明らかになるオリジナルストーリーが配信中。

前回第12話で、峯田康生(犬飼貴丈)は、佐倉理央(優希美青)と真壁昂太(吉沢悠)の元に押しかけ、陽子と吉野芽衣(結城モエ)の関係を暴露する。それを聞いた昂太は、陽子のクリニックへ赴き、院長の高梨(半海一晃)に陽子の不法行為を告発し……。

<最終話(第13話)あらすじ>
真壁陽子(稲森)は息子・凪(宮本琉成)を連れて思い出の海を訪れ、決意も新たに2人で歩んで行こうとするが、「今のママは好きじゃない」と凪に拒絶されてしまう。自分よりも不倫した夫・昂太(吉沢)を選んだ息子・凪の前で、陽子は医療用のハサミを握り締め……。

自宅に戻った陽子の姿を見て、昂太はただならぬ気配を感じる。陽子の手には包帯が巻かれ、服には血が付いているからだ。「凪はどこだ?」……胸騒ぎを覚える昂太に、「もう終わり。凪には会えない。悪いのは全部あなた……」と陽子。その手に握られた髪の毛を見て、昂太はさらに動揺する。まさか凪の……? 恐怖と不安に襲われる昂太に向かって陽子が叫ぶ「私は絶対に許さない! 子供を失って地獄を味わって!」。驚愕の一言に昂太はパニック!「うわあああああー!」感情を抑えきれない昂太が陽子の首に手をかける。

妻と夫の最後の戦い! 苛烈な復讐劇……愛憎の果てに夫婦がたどり着いた先は――?

PICK UP