高橋優斗“蒼”、升毅“大治郎”と法廷で親子対決!?

公開:

志田未来が主演、バディ役で風間俊介が共演するプラチナイト木曜ドラマ『勝利の法廷式』 (読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)最終話(第10話)が、6月15日に放送される。

法廷を去った女性弁護士・神楽蘭(志田)が、謎の脚本家・黒澤仁(風間)の力を借りて現代社会の闇を暴く、劇場型リーガルミステリー。現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話~第2話、ダイジェスト動画が配信中。

前回第9話では、黒澤が真犯人を突き止める展開に、SNS上では「鳥肌が止まらない」「急展開すぎる」「頭の整理が追い付かない」といったコメントがあがっていた。

<最終話(第10話)あらすじ>
神楽蘭(志田)は、速水政樹(泉澤祐希)にナイフを突き刺している黒澤仁(風間)を目撃してしまった。まもなく、黒澤が逮捕される。蘭は、警察署で黒澤と対面。黒澤は、黛十和(入来茉里)を殺した連続殺人犯が速水だと気づき、彼を殺そうとしたものの、できなかったと告白する。しかし、速水を刺したのが黒澤でないことを立証するのは難しい。黒澤自身も復讐を果たせなかったと思い込み、気力を失っているようだった。

連続殺人の真犯人は速水であり、早乙女花(北乃きい)の夫・蓮(カトウシンスケ)を殺したのも速水である可能性が高い。蘭はこの真実を明らかにして、花の無実を証明しようとする。

一方、流川蒼(HiHi Jets/ジャニーズJr.・高橋優斗)は、花が有罪になるよう仕向けた父・大治郎(升毅)を問いただす。大治郎は何も語らないものの、法廷には立つと約束する。蒼と大治郎、法廷で親子が対決することに――。

花と黒澤の無実を証明すると決意した蘭だったが、状況は厳しく、再び黒澤の元へ。花と黒澤を救うべく、絶対に勝たなければならない裁判が迫る。蘭は、ふたりの未来を照らせるのか!?

画像ギャラリー