『unknown』田中圭“虎松”、連続殺人犯に拳銃を向ける…衝撃結末に「切なくて苦しい」【ネタバレあり】

公開:
『unknown』田中圭“虎松”、連続殺人犯に拳銃を向ける…衝撃結末に「切なくて苦しい」【ネタバレあり】

高畑充希田中圭がW主演を務めるドラマ『unknown』(テレビ朝日系、毎週火曜21:00~)の最終話が6月13日に放送。ネット上では、朝田虎松(田中)が拳銃を向けるシーンに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

病院に入院していた加賀美圭介(町田啓太)が脱走。梅ばあこと今福梅(木野花​)は、すべての罪をかぶろうと警察に逮捕されていたが、証拠不十分で釈放された。

梅は、虎松や闇原こころ(高畑)に加賀美との関係を明かす。児童養護施設で働いていた梅は、両親を亡くした加賀美少年と出会っていた。とっさに両親を殺したのは、吸血鬼だと教えたが、それがめぐりめぐって今の連続殺人事件につながっている。梅は、後悔を口にした。

そんな中、こころに「今から殺しに行っていい?」と加賀美から連絡があった。こころは、虎松を説得して実家に招くことに。話をする中で、梅が姿を現し、両親を殺したのは加賀美自身であると伝えた。キャンプ中、知識のない加賀美少年が、猛毒のあるスズランを紅茶に入れてしまったのが原因だったのだ。両親を殺したのは自分……?

パニックになった加賀美は、森の中へと走り出す。自死を選ぼうとする彼を見つけたのはこころだった。加賀美は、彼女にアイスピックを向けつつ、こころと時間を共にする中で、ある葛藤が生まれたことを告白する。

そこに、拳銃を持った虎松がやって来る。「離れろ。撃つぞ!」という彼に対し、加賀美は「ありがとうございます……。こころ。じゃあね」とアイスピックを手に持ち……。

ネット上では、その後の展開について「悲しい結末」「切なくて苦しい」「救いがない」とのコメントがあった。

なお、現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話〜第3話、ダイジェスト、高畑×田中の新婚トークほかが配信中。