優しい男vsクズ男、望月歩“コースケ”と内藤秀一郎“ヨリ”の両極端な2人が話題に

公開:
優しい男vsクズ男、望月歩“コースケ”と内藤秀一郎“ヨリ”の両極端な2人が話題に
「サブスク彼女」を見る

紺野彩夏が主演を務めるドラマ『サブスク彼女』(ABCテレビ、毎週日曜24:55~)の第6話が、6月11日に放送。SNS上で、コースケ(望月歩)とヨリ(内藤秀一郎)の両極端な2人が話題となった。(以下、ネタバレが含まれます)。

コースケが昔からトモ(紺野)だけを一途に思っていて、サブスク彼女を辞めようとしていると聞いたなーちゃん(寺本莉緒)。自分は思いを寄せているヨリにまったく大事にされていないことから、トモとの差を感じて涙を流す。

その後、急に胃が痛くなったなーちゃんにずっと付き添い、胃薬まで買ってきたコースケ。彼の優しさを思い出していると、ヨリからメッセージが届いた。明日仕事があると言っているのに、急に家にきて体を求めてくるヨリ。なーちゃんは、思い切ってヨリに「避妊して」とお願いするが、コトを終えると不機嫌なヨリはすぐ帰ってしまった。

一方、コースケはなーちゃんとスミレ(逢沢りな)にサブスク彼女を辞める許可を取ったことをトモに連絡。自分から誘って始めたことなのに、責任を感じたトモは、女子2人を呼び出して初めて「サブスク彼女」での会合を開く。

SNS上では、コースケとヨリという両極端な男性陣に注目する声が多数。「明らかにコースケと付き合った方が幸せになれるんだけど、ヨリに惹かれる」「なーちゃんはクズ男が好きなの?」「コースケ、安パイすぎる」などのコメントが上がっていた。

次回、第7話は6月18日に放送。なーちゃんはコースケを彼氏にしたいという思いから自宅へと強引に招き入れる。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話やダイジェスト動画なども配信中。