櫻坂46、学ラン姿でロングコートダディと「応援団しりとり」で対決

公開:

井上梨名大沼晶保武元唯衣増本綺良櫻坂46)がレギュラー出演する『サクラミーツ』(テレビ朝日系、毎週木曜25:56~)の限定オリジナルコンテンツ『サクラミーツ TELASAオリジナル』が、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」にて配信中。メンバーが学ラン姿で「応援団しりとり」に挑む。

『サクラミーツ』は、テレビ朝日がおくる深夜の新感覚エンタメゾーン「バラバラ大作戦」の1番組として、今年4月に誕生した櫻坂46×芸人の実験的バラエティ。毎回さまざまな人気芸人とコラボし、コントやゲームに果敢に挑む。

番組初の限定コンテンツとなる『サクラミーツ TELASAオリジナル』第1弾では、櫻坂の4人が、愛らしさと凛々しさを兼ね備えた“貴重な学ラン姿”でスタジオに登場!「小学生の時にクラスで一番声が大きかったため、応援団長をやったことがある」という大沼に至っては、番組冒頭で自慢の大声も披露するなど、なかなか堂に入った勇ましい姿を見せてくれるのだが……。

今回はそんな彼女たちが、逆に応援してほしくなるほどの窮地に立たされる!? なんと、6月8日に放送された地上波版にもゲスト出演したロングコートダディ堂前透)のオリジナル持ち込みゲーム企画「応援団しりとり」に挑戦し、大苦戦を強いられるのだ。

「応援団しりとり」は、大きく腕を振りかざす応援団ポーズを取りながら、おなじみの「フレーフレー◯◯」コールにのせて、しりとりを行うゲーム。しかし、ただ、しりとりをするだけではなく、しりとりで次のお題を出す前に、前の人が出したお題を褒める言葉を2つ言わなければならない。

さらに、3回アウトになった場合の罰ゲームとして、増本が考案したのは「カメラに向かって浮気がバレた時の言い訳をする」という、なかなかの赤面ペナルティ。うっかり頭が混乱しかねない高度なしりとり、何としても避けたい罰ゲームに、櫻坂メンバーは説明段階から戦々恐々とし……。

そんな中、ついに「応援団しりとり」がスタート! すると……大沼&増本が持ち前の天然っぷりをフル発揮!? さらに、あるお題を受けてのトンチキ褒め言葉にケチをつけられた井上が、弁明大演説を展開!? のっけからまさかのミス連発で、櫻坂メンバーもロングコートダディも“想像以上の負のスパイラル”に絡め取られてしまう。

前途多難の「応援団しりとり」。はたして、最後に“即興ショートコント風の恥ずかしい罰ゲーム”をさせられてしまうのは、誰なのか!?