風間俊介“黒澤”が真犯人を突き止める展開に「鳥肌が止まらない」

公開:
風間俊介“黒澤”が真犯人を突き止める展開に「鳥肌が止まらない」

志田未来が主演、バディ役で風間俊介が共演するプラチナイト木曜ドラマ『勝利の法廷式』 (読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)の第9話が6月8日に放送。ネット上では、ついに真犯人が明らかとなり、驚きの声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

親友の早乙女花(北乃きい)と面会した神楽蘭(志田)は、亡くなった花の夫・蓮(カトウシンスケ)と花の無実を証明してみせると約束。はじめは再審請求を渋る花だったが、蘭の熱意に根負けし、息子・陽斗(市野叶)と一緒に家に帰りたいと本音を打ち明けて再審請求に同意する。

一方、黒澤仁(風間)を犯人だと思い込み姿を消していた流川蒼(HiHi Jets/ジャニーズJr.・高橋優斗)が黒澤の元へ。互いの誤解は解かれ、再び3人で再審請求が認められるだけの証拠集めに奔走する。

幼いながらも母親を助けたい陽斗の証言や、蓮の友人で、黒澤と共に連続女性殺人事件の真相を追っている椿九重(市川知宏)の力も借り、花の犯行は不可能である証拠を揃えたことで再審が認められることに。裁判は黒澤の台本通り進み、蘭は花の無実を立証する。

その帰り道、蓮が亡くなる前日に口ずさんでいたというアイドルの曲を陽斗が歌い出したことで黒澤の勘が働き、これまで集めた資料を読み返した黒澤は、連続殺人の真犯人に辿り着く──。

ネット上では、ラストの展開に「鳥肌が止まらない」「急展開すぎる」「頭の整理が追い付かない」といったコメントがあがっていた。

次回最終話(第10話)は6月15日に放送。全ての事件の真相が明らかになる。

真犯人に辿り着くきっかけとなったアイドル動画、そして、真犯人が登場した回のCASE2が、現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」で配信中!