『ケイジとケンジ、時々ハンジ。』佐野玲於“阿久津”、闇バイト首謀者&婚約者罵倒の最低男「悪い顔してる」【ネタバレあり】

公開:
『ケイジとケンジ、時々ハンジ。』佐野玲於“阿久津”、闇バイト首謀者&婚約者罵倒の最低男「悪い顔してる」【ネタバレあり】

主演・桐谷健太×脚本・福田靖が3年ぶりにタッグを組む木曜ドラマ『ケイジとケンジ、時々ハンジ。』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の最終話が6月8日に放送。ネット上では、阿久津守(佐野玲於)の悪役っぷりに注目が集まったた(以下、ネタバレが含まれます)。

老夫婦宅に保管していた500万円が奪われる強盗事件が発生した。犯行に及んだと思われる男たちを逮捕すると、彼らは闇バイトの募集サイトで集められたメンバーだった。指示役は「キング」と名乗る男らしい。

そんな中、老夫婦のもとに500万円が送られてきた。送り主はモデルの森野さやか(横田真悠)​​。仲井戸豪太(桐谷)​​は、婚約者である阿久津の悪事に気づいた彼女が、罪滅ぼしのために被害者に金を送ったのではないか、と考える。豪太と目黒元気(磯村勇斗)が、彼女に事情を聞きに行くことに。なかなか口を割らないさやかだったが、最終的に阿久津との出会いからプロポーズされたことまでを語り始めた。

今回の強盗事件がニュースになった際、彼は「日本経済が行き詰まっているのは、年寄りが金を溜め込んでるから。だから強盗された方が悪い」と言ったという。それまでの行動含め、彼の裏の顔に違和感を覚える中、阿久津が闇バイトを募集しているのを見つけたのだという。

新たにキングが闇バイトを募集しはじめた。豪太はおとり捜査のために応募して……。

ネット上では、その後、豪太に逮捕された阿久津が「俺を売ったな。さやか!」と絶叫。最後まで悪役だったため「最低男すぎ」「悪い顔してる」「最高だった」とのコメントがあった。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、​​第1話〜第3話とダイジェスト動画が配信中だ。​​