近藤頌利“一条”、片山友希“小町”の告白を受け入れ付き合うことに

公開:

近藤頌利が主演を務めるドラマ『全ラ飯』(カンテレ、毎週木曜24:25~ ※関西ローカル)の第9話が、6月8日に放送される。

本作は、“全裸で食事をする”という秘密の趣味を持ちながら、表向きは非の打ち所の無いハイスペック男子として窮屈な日々を送る金融庁のエリート・一条颯太(近藤)が、料理を通じて思いも寄らない恋におちたことをきっかけに、自分に正直な生き方を見つけるまでを描く新感覚“ムズきゅん”ラブコメディ。現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話やダイジェスト、スピンオフドラマ『全ラ飯~M to I~』も配信中。

なお先週放送された第8話で一条と真尋はお互いにモヤモヤした思いを抱えながら、タイスキを作ることに。一条は真尋に昨夜のことを謝罪するが……。

<第9話あらすじ>
三木真尋(ゆうたろう)がリュウ・ハオシャン(フィガロ・ツェン)の胸で泣いているのを見た一条颯太(近藤)は、真尋がリュウのことを好きだと思いショックを受ける。職場でいつになくヤケ気味な発言をする一条だったが、職場の後輩・清水小町(片山友希)から「お試しでよいから交際してほしい」と告白される。

一条に突き放すような発言をしたことを後悔していた真尋は、一条が週末、料理をしに来ると知り喜ぶ。しかし、当日、小町が現れ、想定外の3人で料理をすることに。一条になかなか謝れずにいる真尋。だが、いよいよ2人きりになったとき、一条は真尋に、「今までのことを全部なかったことにして、友達に戻りたい」と頭を下げる。誤解されているとは知るよしもない真尋は、小町を連れてきた意味を察して、了承する。

一条颯太(近藤頌利)、清水小町(片山友希)
一条颯太(近藤頌利)、清水小町(片山友希)

週明け、職場で勅使河原室長(山中聡)から「一条と小町が交際している」という話が飛び出したことをきっかけに、ついに一条は小町に「俺たちつきあってみよう」と告白を受け入れる。