東山紀之“天樹”らの絆が試される!?警察組織の内部告発を行う暴露チャンネルが始動

公開: 更新:

東山紀之が主演を務める『刑事7人 Season9』(テレビ朝日系、毎週水曜21:00~※初回拡大)が、6月7日にスタート。民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

2015年にスタートして以来、東山演じる主人公・天樹悠を中心に、深い人間模様とサスペンスフルなドラマが共存する人気刑事ドラマシリーズとして走り続ける『刑事7人』。“水9”の刑事ドラマ枠でなくてはならない存在となっている今作だが、6月7日放送の第1話で通算第77話に到達! 今シーズンは、ミステリーとしての面白さはそのままに、過去と現在が交錯するシリーズ史上最大のスケールとなっている。

天樹をはじめ、海老沢芳樹(田辺誠一)、坂下路敏(ジャニーズWEST・小瀧望)、野々村拓海(白洲迅)、青山新(塚本高史)、片桐正敏(吉田鋼太郎)、そして、法医学の権威・堂本俊太郎(北大路欣也)という7人のスペシャリストの躍動が楽しみだが、今回はその7人の絆が試されるという、波乱の展開が……。

そんな先読み不可能なストーリーを大いにアピールするべく、6月7日は朝から、東山・吉田・白洲の3名が電波ジャックを敢行! テレビ朝日の情報番組に次々と生出演し、貴重なトーク&スペシャルなメッセージを発信する。

東山は『グッド!モーニング』(4:55~※一部地域を除く)、『羽鳥慎一モーニングショー』(8:00~)、『大下容子ワイド!スクランブル』(10:25~※一部地域を除く)の3番組に、吉田は東山と共に『羽鳥慎一モーニングショー』に、白洲は東山と共に『大下容子ワイド!スクランブル』に生出演。それぞれ、『刑事7人』新シーズンにかける意気込みやマル秘撮影エピソードをたっぷり語る。

ある死刑囚が、死の直前に残した手記。そこには10年前に犯したある殺人事件について、関与を一転して否定する供述が記されていた。しかし、手記は何者かによって持ち去られてしまう。時を同じくして、何者かにより警察組織の内部告発を行う暴露チャンネルが始動。告発される不正を働いた警官たちの経歴にもまた、10年前の事件が絡んできて……。そんな中、次々と発生する殺人事件。捜査を開始すると、殺害された人物たちも、10年前の事件に関わりがあって――。

現在と10年前の事件とが交錯するストーリー。10年前の殺人事件の生存者である盲目の女性を演じる山崎紘菜、彼女の夫役の堀井新太、野々村と同期である監察官に扮する泉澤祐希、Season8にも登場した、警視庁の首席監察官役・山田純大ら豪華ゲスト陣も重厚なストーリーを華やかに彩る。

<第1話あらすじ>
ある死刑囚が、死の直前に残した手記。そこには10年前に犯したある殺人事件について、関与を一転して否定する供述が記されていた。しかし、手記は何者かによって持ち去られてしまう。それがすべての始まりだった。

その頃、天樹悠(東山)たち新専従捜査班のメンバーは、それぞれが今後の人生について悩みを抱えていた。長く刑事として現場に立ち、日常的に事件=人々の死と向き合うということは、確実に天樹たちの心を蝕み、新専従捜査班のメンバーは少しずつバラバラになり始めていた。そんな中、次々と発生する殺人事件。捜査を開始すると、殺害された人物たちは、10年前のある事件に関わりがあった。

時を同じくして、何者かにより警察組織の内部告発を行う「暴露チャンネル」が始動。告発される不正を働いた警官たち。その経歴にもまた、10年前の殺人事件が絡んでくるのだった。さらに、その中には片桐正敏(吉田)の名前もあって……!? 試される新専従捜査班の絆。そして、天樹たちの前に現れる、事件の鍵を握る盲目の女性(山崎)と謎の男たち。すべての先には、悲しき真実が待っていた――。

画像ギャラリー