成田凌が“最恐毒舌”の魔王様に!ヒロインは小芝風花『転職の魔王様』

公開:

7月スタートのカンテレ・フジテレビ系新“月10ドラマ”が、成田凌主演・小芝風花ヒロインの『転職の魔王様』(カンテレ・フジテレビ系、毎週月曜22:00~)に決定した。成田は今作がフジテレビ系連続ドラマ初主演となる。

今作は、「転職の魔王様」の異名を持つ毒舌敏腕キャリアアドバイザーが、求職者の仕事や生き方への悩みをな言葉で一刀両断しながらも、働く自信と希望を取り戻させる、心ゆさぶる“転職”爽快エンターテインメント。原作は、額賀澪による「転職の魔王様」「転職の魔王様2.0」(ともにPHP研究所)。

成田が演じるのは、転職エージェント会社「シェパード・キャリア」のキャリアアドバイザー・来栖嵐(くるす・あらし)。左足が不自由で杖を突いている。成績優秀な敏腕キャリアアドバイザーだが、求職者の心をへし折るような毒舌を放つため、「転職の魔王様」という異名をつけられている。「周りが転職するから焦って自分も、ですか?」「あなたの人生、このままでいいんですか?」。来栖のだが本質を突いた言葉によって、転職希望者たちは、自らの仕事や生き方と否が応でも向き合うこととなる。

来栖の相棒となるのは、小芝演じる未谷千晴(ひつじたに・ちはる)。大卒で入社した大手広告代理店を、3年たたずに退職してしまった千晴は、叔母が経営する転職エージェント「シェパード・キャリア」を訪ねて、新しい職場を探そうとする。そこで、「転職の魔王様」こと来栖に出会い、かつての職場で何があったのか、自分の本音が一体何なのか、目を背けて、胸の奥に隠してきた“本音”があぶり出されていく。

磨き上げられた革靴、オーダーメイドのスーツ、不自由な左足を補佐する杖さえも上品でスタイリッシュ。言葉遣いは丁寧だが、初対面の求職者に向かって不都合な真実をなく伝えるなど、心をえぐるような辛辣な言葉を表情一つ変えずに次々と投げかける来栖は、まさに「魔王様」。しかし、どんな手を使っても求職者の転職を成功させる手腕があり、企業側からの信頼も厚い。なぜ、来栖は、冷淡な口調で求職者を突き放す、誰よりも厳しい、「魔王様」になったのか――。左足が不自由になった理由も含め、少しずつ明かされていく、来栖の過去にも注目だ。

一方、小芝演じる千晴は、広告代理店のハードな労働環境で「気持ち悪い社畜」になって、働く自信と希望をすっかりなくして休職していた迷える求職者という役どころ。どうにか「普通の大人」に戻りたいと動いてはみるが、どんな会社でどんな仕事がしたいのかわからない。来栖に出会い、“魔王”の洗礼を浴びることに。彼女が見つけ出す本音と、自らの意志で選択する決断とは一体何なのか!?

<成田凌 コメント>
――原作や脚本を読んだ時の感想をお聞かせください。

面白いです。見ごたえのあるドラマになっていくなと感じました。あと、シーン数が少なめなんですよね。だからその分、一つひとつのシーンを丁寧に、一人ひとりの人間をより丁寧に見ていただけるかなと思うので、見てくださる方が応援できるドラマになると思います。

――演じられる来栖嵐をどういう人物と捉えていますか?

脚本を読めば読むほど来栖嵐という人物が、どういう人間かが分かってきました。愛情深い人間だし、厳しいのは、もちろんありますけど、なぜこんなに人に対して厳しいのかを突き詰めたら、すごく“人を思う”人間だということが分かってきて、それを素直に出せたらいいだけなのかなと思っています。あとは周りにたくさん面白い人たちが登場するので、その人たちに救ってもらう感じにもなってくるかなと思うので、自分はブレずに、最後まで演じられたらなと思います。

――今回、小芝さんとは初共演になりますが、印象は?

まだお会いして日は経っていませんが、現場にいてくれるだけでみんなが頑張れると思うので、最後まで健康でいてくれれば十分だなと思います。一緒にお芝居をするのが、とても楽しみです。

――このドラマの魅力はどういうところでしょうか? また、どんなドラマにしていきたいですか?

転職の話は、気持ちが分かる人がたくさんいらっしゃると思いますし、逆に全く分からないという方もいらっしゃると思います。どちらの方にも楽しんでいただけるように、いろんな側面を見せていきたいなと思います。また、毎話、転職を考え、たくさん悩みを抱えた人たちが登場します。その人たちと向き合う中で、自分が演じる嵐や、小芝さん演じる千晴の言葉によって、ぐっと心に刺さったり、共感したり、色々な感情になると思いますので、一つひとつ、届ける言葉を丁寧に伝えていけたらなと思っています。

――視聴者にメッセージをお願いいたします。

転職の魔王様、見ごたえのあるドラマにしたいと思っています。頑張ります。ぜひご覧ください。

<小芝風花 コメント>
――原作や脚本を読んだ時の感想をお聞かせください。

原作を最初に読ませていただいたのですが、とても面白く拝読しました。私もそうなのですが、コロナ禍になり、自分のこれからのことや、自分が何を本当にしたいのかっていうことを考え、見つめなおす機会が増えたと思います。この作品は、いろいろな人の転職をするきっかけや、理由を垣間見ることができて、この先の将来のことを考えたい自分にもすごく刺さった言葉も多く、とっても面白かったです。

――未谷千晴はどういった人物でしょうか?

私が演じる未谷千晴ちゃんという子は、共感しやすい役というか、きっとこういう千晴ちゃんみたいに、本当に自分がやりたいことが分からなかったり、でもそれにすら気付いてなかったり。実は同じような思いを抱えている人は多いのかなと思います。私も、改めて「ハッ」とさせられる部分が多かったので、この役を通して見てくださっているみなさんが、自分のことを見つめ直すきっかけになったり、背中を優しく押せるような作品にできたらなって思いました。

――一緒にお芝居する成田さんの印象はいかがでしょうか?

成田さんとは初共演なのですが、すごくいい脱力感というか、何も飾ってない感じが、すごくステキだなって思いました。成田さんが演じられる「魔王」と呼ばれている来栖さんも、初対面だろうと、相手がどんな人であろうと、自分を変えない、自分を貫いている方なので、すごくぴったりな方だなって思いました。

――このドラマの魅力を教えてください。

こんな理由で転職するのってどうなんだろう……と思っている人って多分たくさんいると思うんです。どうしてもこの仕事がやりたいっていうものがあるわけじゃないけど、今の職場に不安を持っていて……みたいな。原作にもありましたが、好きなアーティストのライブに行くためのスケジュールがなかなか調整できないから転職したいっていう人もいれば、職場の環境になじめなくて転職したいっていう人もいる。理由は本当に人それぞれで。人から見たらそんな理由で転職って思うことでも、本人にとってはそれが職場を変えたい、これから先こういう風に生きていきたいっていう意志を持って選択することってすごくステキなことだと思うので、そういう悩みを抱えている方たちの背中を押せるような作品になったらいいなって思っています。

――視聴者へのメッセージをお願いします。

このドラマは、一話完結で、いろいろな悩みを持った求職者の方が登場します。それに対して魔王と呼ばれる来栖さんが辛辣な、でもすごく核心を突いた言葉を投げかけてくるので、見ながらちょっと「ハッ」とさせられることもあると思います。改めて自分がどうしたいのかっていうのを考え直すきっかけにもなると思いますし、登場人物もキャラクターが強く楽しい作品にもなると思いますので、ぜひ見ていただけるとうれしいです。よろしくお願いします!