『勝利の法廷式』HiHi Jets・高橋優斗“蒼”、表情だけで物語る演技力に「惹き込まれる」【ネタバレあり】

公開: 更新:
『勝利の法廷式』HiHi Jets・高橋優斗“蒼”、表情だけで物語る演技力に「惹き込まれる」【ネタバレあり】
最新エピソードを無料視聴

志田未来が主演、バディ役で風間俊介が共演するプラチナイト木曜ドラマ『勝利の法廷式』 (読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)の第8話が6月1日に放送。ネット上では、流川蒼(HiHi Jets/ジャニーズJr.・高橋優斗)の無言の演技に反響が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

連続女性殺人事件の真相を黒澤仁(風間)と共に追っていた椿九重(市川知宏)の妻・沙良が殺害される。ほどなく、容疑者として椿は逮捕。弁護人となった神楽蘭(志田)は椿を不起訴にするため奔走するが、目ぼしい情報が得られない。

そうした中、椿が沙良の遺体から甘い匂いがしたと供述。実は黒澤も殺された婚約者・黛十和(入来茉里)の遺体から甘い香りを感じたと漏らしたことをヒントに、蘭はその香水を突き止め、同一犯の犯行だと確信する。

しかし、椿を不起訴にするだけの証拠が揃わず、椿の身柄が拘束される勾留期間の最長期日が来てしまう。椿から、沙良が殺された当日に届くはずだった宅配便を受け取りに行ってほしいと頼まれた蘭は、そこで新情報を入手。椿のアリバイを立証するため、黒澤の台本を手に担当検事の青柳純(佐藤玲)の元へと急ぐ。

椿の起訴状を作成しようとしていた青柳は、手を止め蘭と対話。蘭が弁護士の存在意義について語り、「あなたの役割が悪を罰することならば、私の役割は無実の人を守ることです」と、黒澤の台本にはない、蘭の思いを力説し青柳の心を動かした結果、晴れて椿は不起訴となる。

ネット上では、蘭の雄姿に「シビれた!」「カッコいい」「素敵」「黒澤といいコンビになってきた」といったコメントが。また、蘭の動向を陰ながら追い、無言の演技を見せる流川に「目で演技してる」「演技に惹き込まれる」「表情だけでも怖いと感じる」といった反響が寄せられた。

次回は6月8日に放送。蘭は早乙女花(北乃きい)の無実を証明するため、再審請求に向けて奔走する。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話~第2話と第3話までのストーリーを振り返るダイジェスト動画も配信中。

PICK UP