福山雅治“皆実”、容疑者として浮上した女性に好意!?

公開:

福山雅治が主演を務める日曜劇場『ラストマン-全盲の捜査官-』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第7話が6月4日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

アメリカから期間限定で交換留学⽣として来⽇したFBI(アメリカ連邦捜査局)特別捜査官・皆実広見(福山)と皆実のアテンドを命じられた警察庁⼈材交流企画室の室⻑・護道⼼太朗(大泉洋)が凸凹バディを組んで難事件に挑んでいく、新時代の痛快なバディドラマ。福山と大泉のほかに今田美桜永瀬廉King & Prince)、吉田羊上川隆也寺尾聰らが出演する。なお現在TVerでは、第1話~第3話のほかにダイジェスト動画なども配信中。

先週放送された第6話には、鈴木亮平主演の日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』に登場したSITの隊長・新井将兵(山田純大)が同じキャラクターで登場。ネット上では、皆実とのかけ合いに「テンション上がった!」「新井さんも大変だな」「言うこと聞かない人ばかり」「喜多見チーフとのやり取りとそっくり」「関係性がすごい!」などの声が寄せられた。

<第7話あらすじ>
皆実広見(福山)は護道⼼太朗(大泉)を伴い、両親の墓参りをしていた。同じ頃、ふ頭で白骨化した老人の遺体が発見され、佐久良円花(吉田)班が臨場する。遺体は3年前から行方不明の資産家の老人。そして、容疑者として浮上したのが、40歳差の妻・葛西亜理紗(岡本多緒)だった。

しかも、彼女は以前も歳の離れた男性と結婚しており、離婚後に相手男性は失踪していた。加えて、亜理紗はアメリカの大使館からスパイの可能性があると疑われていた。

さっそく皆実たちは亜理紗に事情を聞きに行くが、そこで皆実は予想外な反応をする。亜理紗に好意を持ってしまうのだ。そして「彼女は犯人ではない」と断言する。

はたして、事件を解決に導くことはできるのか――?