行方不明だった樋口日奈“小野寺”が現れスタジオは愕然!濱正悟“花岡”の反応は…

行方不明だった樋口日奈“小野寺”が現れスタジオは愕然!濱正悟“花岡”の反応は…

オカルトホラー作家・雨穴が原案のヒューマンホラーサスペンスドラマ『何かおかしい2』(テレビ東京系、毎週火曜25:00~)の第9話が、5月30日に放送される。

シーズン2では、舞台をラジオ番組『オビナマワイド』から『オビナマワイド・ネオ』に移し展開。番組プロデューサー・上村役を浅利陽介、ディレクターの土屋役を津田寛治、ミキサーの畑野役を松尾諭、若手作家の内山役を細川岳が演じる。

前回、第8話では、奥菜恵が情報提供者のメグ役で登場し、運命のコンパを指す“めいこん”を紹介。出会いを求める若い女性を上海に住んでいる御曹司に引き合わせようと……。

<第9話あらすじ>
『オビナマワイド・ネオ』はMCを最高の人間岡野陽一吉住)の二人を迎え、今回から構成作家の花岡(濱正悟)が参加する。

「町の日本一自慢」で東所山市に来たのは、以前『オビナマワイド』で事件に巻き込まれ行方不明となっていた中継リポーターの小野寺(樋口日奈)で一同は愕然とする。小野寺が、市議会議員の七北(小沢真珠)と観光大使のアイドルのカオリン(弓木奈於)と東所山市の魅力をPR。

東所山市は「イジメゼロ」だがその対処法を七北は、イジメをなくすには二度とイジメを出来ないようにしてやればいいと微笑みながら話す。二度とイジメをできないようにするとは一体どういうことなのか……!?

画像ギャラリー

PICK UP