天海祐希“涼子”と松下洸平“貴山”、一人娘を誘拐された両親から依頼

公開:

天海祐希が主演を務める『合理的にあり得ない~探偵・上水流涼子の解明~』(カンテレ・フジテレビ系、毎週月曜22:00~)の第7話が5月29日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

柚月裕子のミステリー小説「合理的にあり得ない 上水流涼子の解明」を実写化した本作は、頭脳明晰で変装の達人の探偵・上水流涼子(天海)が、IQ140の相棒・貴山伸彦(松下洸平)とタッグを組み、さまざまな依頼をありえない方法で解決していく痛快エンターテインメイント。なお現在TVerでは、第1話~第3話のほかに『「合理的にあり得ない」×「Mr.サンデー」SPトーク』なども配信中。

先週放送された第6話では、貴山は父・勇作(小林隆)が自宅を放火してなかったことが判明し、貴山が涙したシーンがネット上で話題に。松下の熱演に「涙なしで語れない」「心を打たれました」「号泣」といったコメントが寄せられた。

<第7話あらすじ>
ある日、諫間久実(白石聖)が作った上水流エージェンシーのアカウント宛に、「誘拐事件を解決してほしい」とメールが届く。依頼主は、有名なインテリアコーディネーターの石原歩美(酒井若菜)と、夫で経営コンサルタントの啓士(山崎樹範)。一人娘の星名が誘拐され、身代金の要求はないが、警察に通報したら殺すと脅迫されているという。そのうえ、家のいたるところに監視カメラが仕掛けられているため、夫婦の行動や会話は犯人に筒抜けらしい。

貴山伸彦(松下洸平)、上水流涼子(天海祐希)
貴山伸彦(松下洸平)、上水流涼子(天海祐希)

動物病院のスタッフに扮した上水流涼子(天海)と貴山伸彦(松下)は、早速、愛犬を診察するフリをして石原家に潜入。まな娘の無事を祈る歩美と啓士を誘導し、何とか犯人の目が届かない場所を探そうと家中を見て回る。すると、唯一、監視カメラが設置されていない部屋があり……。

そんな中、啓士のスマホに犯人からメールが届き、「イマスグ、ホームパーティーヲシロ」という指令が。わけが分からないまま、犯人の指示に従い石原家に集められたのは、啓士の秘書や歩美の仕事仲間の建築家、さらに、啓士が通う歯科の女性歯科医・白鳥薫(水沢エレナ)に、行きつけのスナックのママ、歩美が通うジムのトレーナーなど、性別も年齢もバラバラのメンバー。さらに全員、この日が初対面だという。犯人の目的を知るため、自らもパーティーに潜入した涼子は、出席者たちに接触。すると、ある人物の行動から、思わぬ事実に気がつく。