坂口健太郎&染谷将太、7月日曜ドラマ『CODE―願いの代償―』で共演

公開:

坂口健太郎が主演、染谷将太が共演する日曜ドラマ『CODE―願いの代償―』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30~)が7月2日にスタートする。

婚約者を失い絶望の淵におちた刑事が、その死の真相を追い求める中で、「どんな願いも叶える」という謎のアプリ「CODE」を手にして展開される物語。果たして、恋人の死の真相とは――? 謎のアプリの背後に潜む陰謀とは――? 幾重にも重なる事件と欲望が渦を巻く、ノンストップ・クライム・サスペンス。

坂口が演じるのは、恋人の死という大きな悲しみを背負いながら、静かにも熱く秘めた思いで真実を追い求める刑事・二宮湊人(にのみや・みなと)。二宮は謎のアプリ「CODE」を手にするが、そのアプリを使う先には大きな代償が待っていた。

染谷が演じるのは「CODE」の謎を追うフリーの記者・椎名一樹(しいな・かずき)。物語の中で、CODE を使用する二宮の行動を監視し、二宮の行く先々に姿を現して不穏な立ち回りを見せるという役どころ。

加えて、強力な制作陣として、脚本には酒井雅秋(『レッドアイズ 監視捜査班』『アバランチ』)、山田能龍(『全裸監督』『新聞記者』)が決定。そして、演出には森淳一(映画『見えない目撃者』、ドラマ『ミス・シャーロック』)と木村ひさし (『警視庁アウトサイダー』『99.9-刑事専門弁護士-』)が決定。重厚なサスペンスが期待出来る制作陣からも、本作品への期待が高まること間違いなし! そして、このドラマは台湾で大ヒットした『浮士德遊戲(英題:CODE)』『浮士德遊戲 2(英題:CODE2)』が原作。今作『CODE―願いの代償―』は、日本版としてオリジナル要素がふんだんに入れ込まれた展開が繰り広げられる。

<坂口健太郎 コメント>
――今回の作品への意気込み。

「どんな願いも叶えるアプリ」と、それだけを聞くとファンタジーのようには聞こえるのですが、それをしっかり裏付けるようなストーリーがあるので、現実にありそうな物語だな、と思いました。二宮は、目に見えて燃え上がっている炎、というよりはもっと高熱になり青白くなってくる、そんなイメージの男です。静かに見えるけど実はもっと熱いんだよ、みたいな。そんな男が、色々なところでもがいていくことになるので、自分自身とリンクするかと言われたら難しい部分もありますが、僕自身の中でも共鳴率を上げていきたい、と思っています。染谷さんも含めて、周りのキャストは意外とはじめましての方々が多そうなので、良い相乗効果を生み出して、良い作品にしていきたいです!

――2クール連続主演を務めることについて。

ちょっと働きすぎですよね? なかなかこのスケジュールで弱音を吐かない役者はいないぞ、と(笑)……そんなふざけた話もありつつ(笑)。でも、2作品ともキャラクター、性質は全然違う2人なので、「敢えて演じ分けをしよう」ということは思っていません。それぞれの衣装を着て、メイクをしてもらって、キャスト、スタッフの方々に囲まれたら、自然と出てくるものがあるかと思っています。でもやっぱり、ただただ大変です!(笑)。でも、意外とやっぱり僕は、忙しいのは好きなんだろうな、と。『CODE』は緊張感ある場面が多くなってきますが、僕自身が緊張して、焦りに繋がっていくことはよくないので、この作品では余裕をもってやる、ということは心がけて頑張ります!

<染谷将太 コメント>
――今回の作品への意気込み。

何が起こるかわからない重厚な謎とそこに渦巻く数々の感情、手に汗握りながらも爽快感のある台本にワクワクが止まりませんでした。坂口さんはとても包容力があり、凄くリラックスした状態で楽しく一緒にお芝居をすることが出来ました。とても感謝しています。坂口さん演じる二宮がCODEにどう立ち向かって行くのか? 一番近くで目撃出来ることが楽しみでなりません。誰もが思わず見入ってしまうであろうドラマの世界感を必死に生き抜き、視聴者の皆さんの日曜夜が楽しみになるよう頑張りたいと思います!

中間利彦プロデューサー(ytv) コメント>
どんな願いも叶うアプリ【CODE】とは、いったい何なのか?

そして、誰しもが持つ【欲望】の先にある「人間の性」とは何なのか? を描きたいと思い企画しました。次から次に怒涛の展開が押し寄せる極上のノンストップクライムサスペンスをお届けします。

主人公の二宮は、婚約者の死の真相と【CODE】の謎に立ち向かっていく、不屈の闘志を持つ刑事です。そんな二宮を、唯一無二の空気感と芝居の幅を持つ坂口健太郎さんに演じて頂きます。

約7年前にご出演されていた舞台(『かもめ』)を観劇して以来、いつか絶対にご一緒したいと切望していました。

坂口さんなら、強くも切ない、熱さと憂いを併せ持つ魅力的な二宮を演じてくれると確信しています。そして、飄々としていて掴みどころが無いが、秘めた想いを胸に【CODE】の謎に迫るフリーの雑誌記者・椎名は、どんな役もリアリティある説得力で観ている人を魅了する染谷将太さんに演じて頂きます。

染谷さんの底のしれない存在感が、椎名というキャラクターを目が離せない存在にしてくれるはずです。この二人が共演するドラマが面白くないはずがありません!

私自身、二人の芝居合戦が楽しみで仕方ないです。是非ご期待ください。