『波よ聞いてくれ』中村ゆりか“マキエ”が小芝風花“ミナレ”のライバルに!?「動向に注目しなければ」【ネタバレあり】

公開: 更新:
『波よ聞いてくれ』中村ゆりか“マキエ”が小芝風花“ミナレ”のライバルに!?「動向に注目しなければ」【ネタバレあり】

小芝風花が主演を務める金曜ナイトドラマ『波よ聞いてくれ』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15〜)の第5話が、5月19日に放送。城華マキエ(中村ゆりか)について色々なことがわかりはじめ、SNS上で「今後のマキエの動向も注目しなければ」といった声が上がった(以下ネタバレが含まれます)。

マキエのことを6年間も監禁していたという兄・城華亨(庄野崎謙)がスープカレー店に訪問。マキエと密着する中原忠也(片寄涼太)を見て逆上し、襲い掛かって来る。鼓田ミナレ(小芝)が「いい加減にしろ!」と水を被せたことで一旦は落ち着いたのだが、「家に帰って来い」という亨と「自由を奪われたくない」というマキエで再び言い争いになってしまう。

その争いを止めるために店長(西村瑞樹)が提案したのが、亨もこの店で働くということ。しかし、それが受け入れられないマキエは店を飛び出し、「これから行くところがある」と何故かラジオ局へ足を運ぶ……。

なんとマキエはミナレに憧れて、ラジオ企画への投稿を始めていたのだ。それを知らず、最近毎晩帰りが遅い上に情緒不安定なマキエを心配した中原がそのことをミナレに相談。マキエの後をつけることにしたのだが、人気ラジオ番組で話題を呼んでいるお笑い芸人コンビ・アナグマ泰治(流れ星☆)の治郎(たきうえ)と一緒にマンションに入っていくところを見てしまう。

SNS上では「まさかのマキエがミナレのライバルに!?」「ミナレと対比するキャラクターとしてライバルになっていくのか」「今後のマキエの動向も注目しなければ」といった声が見られた。

次回、第6話は5月26日に放送。MRS(円山ラジオ)で番組を持つ人気カップルインフルエンサーの“ヒロ”こと澤木廣貴(カルマ)と“ナツ”こと西堀菜樹(花音)が、ラジオで暴言を吐いたことが原因で大炎上する。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話~第3話やスピンオフドラマも配信中だ。