尾崎匠海“司”、マンションへと消える萩原利久&トリンドル玲奈“月読&そよぎ”を見つめ…

公開:

萩原利久が主演を務める土曜ナイトドラマ『月読くんの禁断お夜食』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)第5話が、5月20日に放送、民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

「BE・LOVE」(講談社)で連載中のアサダニッキによる同名コミックをドラマ化した本作。ストイックに生きるあまり食に興味を失ってしまったカリスマトレーナー・御神そよぎ(トリンドル玲奈)が、食に対して強いこだわりを持つ月読悠河(萩原)と出会い、物語が展開されていく新感覚の禁断グルメラブストーリー。現在TVerでは、第1話~第3話、ダイジェスト、制作発表記者会見の様子が配信中。

前回第4話では、月読がそよぎに「あーん」とマーマレードをスプーンで食べさせるシーンに、SNS上では「破壊力ヤバい」「胸キュン」「うらやましい」とのコメントがあがっていた。

<第5話あらすじ>
高校時代の憧れの先輩・朝日奈大河(浅香航大)とランチをする御神そよぎ(トリンドル)。公園でバドミントンを楽しむなど、2人の距離は急速に近づいていく。そんな中、自身が責任者を務める「ゴールデンジム」へのそよぎの引き抜きを目論む朝日奈がある行動に出る。

そよぎは後輩トレーナーの穂波司(INI尾崎匠海)が資格を取得したお祝い会に参加する。ここでも、いよいよ本格始動する「ゴールデンジム」が話題にのぼり、浮かない表情を浮かべるそよぎ。珍しく飲み過ぎた彼女を心配した司が自宅まで送っていくと、そこに月読悠河(萩原)がやってくる。マンションへと消える2人を、司は心配そうに見つめていて……。

一方の月読は、酔って落ち込んだそよぎに鶏飯を振舞う。「話してください、何でも。全部聞きますから」。心に沁みるお夜食と優しい言葉に癒され、眠ってしまったそよぎに月読は――!?

画像ギャラリー