中村ゆりか“マキエ”、恋仲の芸人&グラビアアイドルと修羅場に!?

公開:

小芝風花が主演を務める金曜ナイトドラマ『波よ聞いてくれ』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15〜)第5話が、5月19日に放送、民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

大ヒット作「無限の住人」で知られる沙村広明による人気漫画を初の実写化。スープカレー店のアルバイト店員・鼓田ミナレ(小芝)が、彼氏にフラれた上に金を騙し取られ、やけ酒を飲んで見ず知らずの男・麻藤兼嗣(北村一輝)に愚痴をさく裂したことをきっかけに、あれよあれよと深夜のラジオで冠番組を持つことになり、やがてラジオパーソナリティーとして開花していく姿を描く、“ラジオ×テレビ”という史上初のメディアミックス新感覚エンターテインメント。現在TVerでは、第1話~第3話、ダイジェストが配信中。

前回第4話では、謎の集団に拉致・監禁された久連木克三(小市慢太郎)を救うために敵を次々となぎ倒すミナレに、SNS上で「かっけー!」「サスペンス要素もあって最強に面白い回」「テレビやラジオ業界について考えさせられた」という声があがっていた。

<第5話あらすじ>
城華マキエ(中村ゆりか)から、6年もの間、実の兄から監禁されていたことを明かされていた鼓田ミナレ(小芝)と中原忠也(片寄涼太)。そんなある日、スープカレー店にその兄・城華亨(庄野崎謙)がやってきて店は大騒ぎ! 亨はマキエに家に帰るよう説得してくるが、人生の目標ができたというマキエは亨の言いなりにはならないと断固拒否。ただ、マキエは目標の詳細を誰にも明かさず、相変わらず秘密を抱えている様子で……。

一方、ミナレは自ら提案して放送したラジオ企画がさんざんな結果に終わり凹んでいたところ、中原から最近毎晩帰りが遅い上に情緒不安定なマキエのことを相談される。すると、ミナレはラジオのネタを拾うチャンスとばかりに、中原と共にマキエを尾行することに。ミナレたちに後をつけられているとも知らず、マキエは人気ラジオ番組で話題を呼んでいるお笑い芸人コンビ・アナグマ泰治(流れ星☆)の治郎(たきうえ)と一緒に治郎のマンションに入って行く。

さらにミナレたちは、偶然にも治郎が以前デート現場をスクープされていた相手であるグラビアモデル・大神みんと(玉田志織)が時間差でマンションに向かう場面を目撃。なんと、治郎の部屋で鉢合わせしてしまったマキエと大神が、治郎を巡って修羅場となり、包丁まで取り出し刃傷沙汰に。大スキャンダルの予感にテンション爆上がりするミナレは、なんとかマンションに突撃しようとするが……。

画像ギャラリー