江口のりこ“恵”がレトロ銭湯を堪能する姿に「ノスタルジックさを感じる感動回」

公開:
江口のりこ“恵”がレトロ銭湯を堪能する姿に「ノスタルジックさを感じる感動回」

江口のりこが主演を務めるドラマ『ソロ活女子のススメ3』(テレビ東京系、毎週水曜25:00~)の第7話が、5月17日に放送。五月女恵(江口)がレトロ銭湯を堪能する姿に、SNS上では「感動した」という声が上がった(以下ネタバレが含まれます)。

今回の恵のソロ活の地は、いつなくなってしまうかもわからない、昭和レトロを感じさせる銭湯。のれんをくぐると、番台を仕切りに男女の入浴場がわかれており、「これはレトロのレトロ!」と初めて見る形に感動する。

幼少期に銭湯に行った記憶がなく、この日のために銭湯のルールを徹底的に調べて来ていた恵。洗面用具とタオルを持って入場し、桶と椅子を持って空いている洗い場に座る、お風呂に入る前に体を洗うのは基本、お湯が周りの人にかからないように洗い流す、次に洗い場を使う人のために桶と椅子は片づける……など一通りのルールをやり終えた恵は、やっと湯舟へザブン。熱すぎないお湯の温度に「気持ちいい~」と思わず笑みを浮かべる。

変わり種の日替わり湯なども満喫した後は、脱衣所で休憩。そこで銭湯でしか見たことのない、頭にかぶる形のドライヤーを発見し「せっかくだからやってみるか」と腰掛けるのだが、いきなり顔回りから熱風が噴き出し「おわぁ!」と思わず声を上げてしまう。

その後は、銭湯の雰囲気を残したカフェへ。先ほど行った銭湯の女将さんに教えてもらった知識を思い出しつつ、オススメの焙煎珈琲とアイスクリームのセットを堪能するのだった。

恵が銭湯を堪能する姿を見て、銭湯に思いを馳せる視聴者が多数。SNS上では「子供の頃に通っていた銭湯を思い出して泣いてしまった」「いつなくなるかわからないから、近所の銭湯に通おうと思った」「ノスタルジックさを感じる感動回だった!」といった感想が書き込まれていた。

次回、第8話は5月24日に放送。恵は今まで避けて通ってきたお化け屋敷に挑むべく、富士急ハイランドを訪れる。

なお、民放公式テレビ配信サービス「TVer(ティーバー)」では、第1話も期間限定で無料配信中。