中本悠太“颯”&川西拓実“蒼真”らクールドジ男子の働くカフェに「毎日通っちゃう」

公開:
中本悠太“颯”&川西拓実“蒼真”らクールドジ男子の働くカフェに「毎日通っちゃう」

中本悠太(NCT127)、川西拓実JO1)、藤岡真威人桜田通が出演するドラマ25『クールドジ男子』(テレビ東京系、毎週金曜24:52~)の第4話が、5月5日に放送。クールドジ男子の4人が集結したカフェに、SNS上では「行きたすぎる」「毎日通っちゃう」などの声が上がった(以下ネタバレが含まれます)。

テストを控えた“強がりストイックタイプ”のクールドジ男子・二見瞬(藤岡)は、部活の先輩を前に「俺、オール100点取る」と宣言。姉のあさみ(佐藤玲)が営むカフェで勉強しようとするが、いまいち身が入らないでいた。この日がバイト初日だった“羞恥心あり反省タイプ”のクールドジ男子・一倉颯(中本)は、あさみに頼まれ、そんな瞬の勉強を見てあげることに。

瞬の家庭教師をしながら、店を手伝おうとした颯は、“受け入れ前向きタイプ”のクールドジ男子・四季蒼真(川西)と、お互いに行く手を遮ってしまう。蒼真を怒らせてしまったと思い込んだ颯は、派手な髪色にピアスにタトゥーという蒼真の容姿も相まって、悪い方向に妄想。「前に進んだようで、ちっとも成長していない気がする」と落ち込んでいた。

しかし、客としてカフェを訪れていた“無自覚無痛タイプ”のクールドジ男子・三間貴之(桜田)から「頑張りすぎないように頑張ってくださいね」と励まされた颯は、ある出来事も重なり、蒼真は怒っていたわけではなく、笑いをこらえていただけだったことを知る。

すっかり蒼真と打ち解けた颯は、三間から「どうやらうまく行きそうですね」と声をかけられ、そのスマートさに「やっぱりかっこいい」と感動していた。しかし、カフェに本を忘れて帰ってしまう三間。慌てて追いかける颯は「抜けているところも相変わらずだ」と、その本をギュッと抱きしめるのだった。

4人の集うカフェに対し、ネット上では「毎日通っちゃう」「行きたすぎる」などのコメントが寄せられた。

次回第5話は、5月13日に放送。仕事で忙しそうな兄・爽太(佐野和真)を心配する蒼真は、友達の勧めで爽太に弁当を作ることにする。

なお、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話も期間限定で無料配信中だ。