醍醐虎汰朗“荻野”、関水渚“南雲”とキスをしてから妄想が止まらず…

公開:

醍醐虎汰朗が主演、関水渚がヒロインを務めるドラマ24『シガテラ』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の第4話が、4月28日に放送される。

原作は、「行け!稲中卓球部」などで知られる古谷実による同名コミック。クラスメイトからのいじめにより地獄のような学生生活を送ってきた荻野優介(醍醐)に、ある日突然、幸せが訪れる。大好きなバイクに夢中になり、さらには密かに思いを寄せていた、美人で1学年上の南雲ゆみ(関水)と付き合うことに。しかし、趣味も恋愛も順調だったはずの荻野の“日常”は、少しずつ“非日常”に侵されていく。

前回、第3話で、荻野は学校でいじめられていることを彼女の南雲に明かした。それを聞いた南雲は……。なお、民放公式テレビ配信サービス「TVer(ティーバー)」では、冒頭ナレーションを山田孝之が担当していることで話題になった第1話も期間限定で無料配信中。見逃した方はチェックしてみては?

<第4話あらすじ>
親友・高井貴男(丈太郎)が退学することを知った荻野優介(醍醐)。学校を去る間際、高井は「自分がイジメられたのは荻野のせいだ」と言い出し、2人は大喧嘩。

そこへ谷脇(長谷川慎/THE RAMPAGE)が現れ、高井に「“森の狼”は元気か?」と尋ねる。高井の復讐を谷脇は見抜いていたのだ……。

そんなことがありながらも、南雲ゆみ(関水)とキスをした日からヤラシイことばかり妄想する荻野。ついに、誰もいない家に南雲が遊びに来る日が訪れる!

画像ギャラリー