天海祐希“涼子”、因縁の相手から娘を探してほしいと依頼される

公開:
天海祐希“涼子”、因縁の相手から娘を探してほしいと依頼される

天海祐希が主演を務める『合理的にあり得ない~探偵・上水流涼子の解明~』(カンテレ・フジテレビ系、毎週月曜22:00~)の第2話が4月24日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

柚月裕子のミステリー小説「合理的にあり得ない 上水流涼子の解明」を実写化した本作は、頭脳明晰で変装の達人の探偵・上水流涼子(天海)が、IQ140の相棒・貴山伸彦(松下洸平)とタッグを組み、さまざまな依頼をありえない方法で解決していく痛快エンターテインメイント。

先週放送された第1話で涼子と貴山は、不動産ブローカーの神崎恭一郎(高嶋政伸)に土地と工場を奪われ、夫が自殺に追い込まれたという妻からの依頼に応じる。神崎を追い詰めるための涼子と貴山の息ぴったりなやりとりがネット上で話題に。「最高のコンビ」「推せる」「ドラマの歴史に残る」とのコメントがあった。なお現在TVerでは、事前SP、予告編、『「合理的にあり得ない」×「Mr.サンデー」SPトーク』なども配信中。

<第2話あらすじ>
上水流涼子(天海)が弁護士資格を剥奪された傷害事件以来、関係を断絶された元顧問先の大企業・諫間グループの社長・諫間慶介(仲村トオル)が、突然、「仕事を頼みたい」と連絡してくる。事件当時、涼子の主張に一切耳を貸さず、真っ先に手のひらを返した諫間は、涼子にとって殺したいリストナンバーワン。それでも、受話器越しの声から何かを悟った涼子は、ひとまず諫間の元へ。

諫間の依頼は、一週間前から行方不明になっている娘の久実(白石聖)を探してほしいというものだった。警察に届けて大ごとになれば、会社の株価に影響する――。娘の安否より会社の利益を優先して探偵を頼った諫間に、貴山伸彦(松下)は心底あきれるが、涼子は「連れ戻せたら報酬はいくらでも払う」という諫間の言葉に不敵な笑みを浮かべる。

早速、名門女子大に通う久実の周辺を探ると、久実は六本木のクラブに出入りしていることが分かる。厳格な父に反発して家出した久実は、妖しい雰囲気で周囲を寄せ付けない謎の女・円谷エリ(早見あかり)と、彼女の幼なじみだという広瀬リアム(猪塚健太)と行動を共にしていた。家出して不良に絡まれていたのを助けられ、さらにリアムから「とらわれたお城から抜け出した勇敢なお嬢さま」と甘い言葉をささやかれた久実は、2人を疑う様子は全くない。

しかし有田浩次(中川大輔)によると、それこそが2人の手口だといい、その末路はあまりに悲惨なもので……。涼子は久実を救出するため、リアムの異常なまでのギャンブル体質を利用した、ある作戦を思いつく。

画像ギャラリー

PICK UP