芳根京子“亜季”、新設された知的財産部に異動!重岡大毅“北脇”と働くことに

公開:

芳根京子が主演、重岡大毅(ジャニーズWEST)がバディ役として共演する水曜ドラマ『それってパクリじゃないですか?』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)第2話が、4月19日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

お人好しの新米社員・藤崎亜季(芳根)と、妥協ゼロのエリート上司・北脇雅美(重岡)が、知財に関する様々な問題に向き合いながら仲間の汗と涙の結晶を守るために奮闘する、笑って胸が熱くなる知的財産エンタメドラマ。

前回放送の第1話では、月夜野ドリンク開発部員の亜季が手がけた新しいボトルのデザイン(キラキラボトル)がライバル会社ハッピースマイルに盗まれるという事件が勃発。亜季は情報漏えいの疑いをかけられる。

親会社から調査にやってきた北脇が、「きゅるんきゅるん」という亜季の言葉から、両社のボトルの手触りの違いに気付き、そこから真実に辿り着いた。さらに、ハッピースマイルの社員が月夜野の社長から情報を得た瞬間の映像が証拠となり、キラキラボトルの特許権は無事に月夜野が取り戻すことに。北脇によって亜季はピンチから救われた。

放送中から、「きゅるんきゅるん」「北脇さん」のワードがツイッターでトレンド入りするなど、亜季が放つ“擬音”や、北脇演じる重岡のツンとしたドSエリート役の演技などにも注目が集まっている。

第2話では問題が無事に解決し開発部に戻れると思っていた亜季が、新設された知的財産部=知財部に異動になり、親会社から出向してきた知財のプロ・北脇と共に働くことになる。そんな中、月夜野ドリンクの看板商品の茶飲料「緑のお茶屋さん」とソックリなチョコレート菓子「緑のオチアイさん」の存在が発覚。知財部として初仕事に挑むことになった亜季は、製菓会社の社長・落合(でんでん)の温かい人柄に触れ、悪気のないパロディだと考えるが……。

しかし、時を同じくして、亜季の親友・根岸ゆみ(福地桃子)のブランド「ふてぶてリリイ」が、他の会社によって商標登録されていることが判明。ゆみのブランドを勝手にパクろうとしている会社に腹を立てた亜季は、「緑のお茶屋さん」の開発を手掛けた開発部の思いを配慮しながら、改めて「緑のオチアイさん」の問題について考えることになり……。

画像ギャラリー