菊池風磨、倉科カナとのラブシーンに大照れ!キスシーンも「カットが聞こえなかった」

公開: 更新:
菊池風磨、倉科カナとのラブシーンに大照れ!キスシーンも「カットが聞こえなかった」

倉科カナ菊池風磨SexyZone)がW主演を務めるドラマ Paravi『隣の男はよく食べる』(テレビ東京系、4月12日スタート、毎週水曜24:30〜)の記者会見が4月9日、同局スタジオにて開催。倉科と菊池のほか、共演者の山田真歩高橋光臣も出席し作品の見どころをアピールする中で、菊池が“あるシーン”で大照れしていたというエピソードが明かされた。

デジタルコミック200万ダウンロードを誇り「月刊officeYOU(オフィスユー)」(集英社クリエイティブ)にて連載中の美波はるこによる同名作を実写化した本作。35歳、彼氏いない歴・約10年の大河内麻紀を倉科、麻紀の前に突然現れた隣の部屋に住む年下イケメン男子・本宮蒼太を菊池が演じる。山田は麻紀と同じ会社で働く同期の町田桜役、高橋は麻紀の頼れる上司・篠原一義役を務める。

これまでラブコメ作品に出演しても、恋が成就するヒロインではなく、恋敵役が多かったという倉科。「毎回あまり幸せになれない。ハッピーエンドになったことがなくて、いつも“私の屍を超えていけヒロインたち!”と思っていました(笑)。今回はやっと幸せになれる役柄で、みんなから応援されて、撮影がすごく楽しかったです。ヒロインの気持ちってこんなに幸せなんだって思いました!」とヒロインの気持ちをやっと理解できたと喜びの笑みを浮かべる。

そんな幸せなキスシーンの感想を聞かれると「麻紀ちゃんの気持ちになって、ドキドキみたいな感じ」と、倉科は照れることなく撮影に挑めたとのこと。その一方で、照れながら撮影したという菊池は「夢中でキスしていました! カットが聞こえなかったですからね」とかなりの熱量を持って挑んでいたと明かす。

そんな菊池も、恋が成就する役を演じた経験が少ないそう。「どっちかというと僕の(演じる役)の恋愛模様はサブストーリーで、かつあまり上手くいかないというのが今までの傾向でした。今後、もし恋愛作品に出演する機会があれば、自分にとって基準になるような作品になったと思います」と菊池にとって新たな役柄を印象付ける作品になったと話す。

この日は、SNSを通じてファンから質問を募集。演じたシーンの中で特に照れたシーンを聞かれると、倉科は「本当にない。菊池くんが照れすぎていて見ているこっちが恥ずかしくなった」と告白。特に菊池が照れていたのは、麻紀が蒼太の服を脱がせるシーンだそうで「見ていたスタッフさんが大爆笑したくらい!」という撮影中のエピソードを語る。

「あれは本当に恥ずかしかった。顔が真っ赤になっちゃいましたもん。本当にダメだった、あれは」と素で照れてしまったと振り返る菊池。それに対し、MCが「相手に何かするよりも、される方が照れるんですか?」「攻めか受けどっちですか?」「脱がす方か脱がされる方どっちですか?」と追い質問をしたことで、菊池はさらにタジタジに。ドライヤーで髪を乾かされるシーンでも照れていたことから、「(相手に)される方が照れるのかも」と自身の新たな一面を発見していた。

最後に、倉科は「このドラマは人の3大欲求をポップにキュートに描いています。不器用な恋の行方を最後まで見守ってほしいのと、このドラマの世界にどっぷりと浸ってくれたら嬉しいです」と見どころを。菊池も「楽しくみんなで作った作品です。ドラマを通じて皆さんに伝わると思いますので、是非楽しみにしてください」とファンに向けてメッセージを送っていた。

画像ギャラリー

PICK UP