醍醐虎汰朗“荻野”、関水渚“南雲”と急接近!古谷実原作『シガテラ』スタート

公開: 更新:
醍醐虎汰朗“荻野”、関水渚“南雲”と急接近!古谷実原作『シガテラ』スタート

主演・醍醐虎汰朗、ヒロイン・関水渚のドラマ『シガテラ』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)が、4月7日よりスタートする。

原作は、「行け!稲中卓球部」などで知られる古谷実による同名コミック。クラスメイトからのいじめにより地獄のような学生生活を送ってきた荻野優介(醍醐)に、ある日突然、幸せが訪れる。大好きなバイクに夢中になり、さらには密かに思いを寄せていた、美人で1学年上の南雲ゆみ(関水)と付き合うことに。しかし、趣味も恋愛も順調だったはずの荻野の“日常”は、少しずつ“非日常”に侵されていく。

先に行われた取材会で関水は、醍醐のことを“嘘がつけないピュアな座長”と紹介し「キラキラ眩しくてしょうがない」とコメント。一方醍醐は、「関水さんとのお芝居はすごくやりやすいですし、頼れる方だと思います」と語っていた。注目の俳優陣が、どのような芝居を紡いでいくのか、期待が高まる。

<第1話あらすじ>
平凡で冴えない高校生・荻野優介(醍醐)は、友人の高井貴男(丈太郎)とともに同学年の谷脇(長谷川慎/THE RAMPAGE)からいじめられていた。

地獄のような高校生活だが、荻野は今、いじめなんてどうでもよくなるほどバイクに夢中で教習所に通っている。

さらには、密かに思いを寄せている同じ教習所に通う南雲ゆみ(関水)とも急接近! 高井を通して連絡先をゲットする。一方、止まないいじめに耐えかねた高井は谷脇への復讐を着々と進めていた。

画像ギャラリー

PICK UP