桐山照史“猿川”、福本大晴“晃”の存在で更なる成長に期待『ゲキカラドウ2』第1話レビュー

公開: 更新:
桐山照史“猿川”、福本大晴“晃”の存在で更なる成長に期待『ゲキカラドウ2』第1話レビュー

ジャニーズWESTの桐山照史が主演を務める木ドラ24『ゲキカラドウ2』(テレビ東京系、毎週木曜24:30~)が、4月6日よりスタート。放送開始に先駆け、第1話を先行レビューする(以下、ネタバレを含みます)。

2021年1月期に放送され、桐山のドラマ単独初主演作となった『ゲキカラドウ』。桐山の豪快な食べっぷりや辛そうなのにとても美味しそうに見える激辛グルメの数々、そして「激辛道=ゲキカラドウ」を真剣に追い求める主人公・猿川健太が、男として、仕事人として、一皮も二皮もむけていく成長物語が好評を博し、究極のグルメドラマと“激辛界”で話題沸騰となったドラマの続編。

シーズン2の第1話では、「ロンロン」東京支社の営業促進室になくてはならない存在となっている猿川に後輩ができる。それは鴨下逸郎社長(高田純次)の息子・晃(福本大晴Aぇ!group関西ジャニーズJr.)で、彼の教育係に猿川自らが立候補する。

さっそく晃を連れて営業先・ホットヨガスタジオへやって来た猿川。入社1日目にも拘わらず、ヨガ教師の陣内由美(雛形あきこ)へ的確なプレゼンで商品を勧める晃に感心する猿川だったが、晃が発した“余計な一言”で陣内は大激怒。さらに猿川も帰り道で「たとえ悪い評価があったとしても、相手の良いところを引き立てて商品を売る。それが俺たち営業の仕事やろ!」と説教するのだが、そのせいで晃は「もう帰る」と社長に連絡し会社に戻って来なかった。

翌日、猿川一人でヨガスタジオを訪ねて謝罪。しかし、失敗を晃のせいにする言動を陣内からたしなめられてしまい……。

その夜、晃の歓迎会を行う営業促進室のメンバーたち。次々と運ばれてくる激辛料理をどんどん口に運ぶメンバーを見て、呆気に取られる晃。しかし、晃も料理を口に運ぶと「辛! でも美味しい」と一言。さらに、辛さをアプリを使って計算したり、調味料についてネットで検索したりと興味を示すのだが、猿川は晃に「大事なのは知識より経験だろ!」とまた説教してしまう。

自分の意見を押し付ける言動に「最近調子に乗ってないか?」と、猿川に物申す秋山雅人(前川泰之)と山崎裕也(森田甘路)。さらに谷岡和彦(平田満)からも「(営業が上手くいく)理由を聞かせてくれないか?」と聞かれ、それに対し猿川は「つねにプロ意識を持つようにしている」と答え……。

営業方法について陣内に指摘されたにもかかわらず、晃や営業促進室のメンバーに「上手くいっている」と見栄を張る猿川。それを谷岡は見透かしていて!?

自分一人の力で営業を成し遂げているつもりの猿川に対しての戒めの言葉が、胸に響く人も多いはず。晃という存在により、さらなる成長を遂げる猿川の姿にこれからも目が離せなくなりそうな第1話となっていた。

なお、民放公式テレビ配信サービス「TVer(ティーバー)」では『ゲキカラドウ』第1話ほか、が期間限定で無料配信中。猿川がいかにして“ゲキカラドウ”と向き合ってきたのかチェックしてみては?

画像ギャラリー

PICK UP