中居正広、休養時に男闘呼組から届いたビデオメッセージに「泣いちゃって…」

公開: 更新:
中居正広、休養時に男闘呼組から届いたビデオメッセージに「泣いちゃって…」
最新エピソードを無料視聴

およそ29年ぶりに復活した男闘呼組成田昭次高橋和也岡本健一前田耕陽)が、3月24日に放送された『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系、毎週金曜20:57〜)に出演。番組MCでかつての後輩である中居正広が、さまざまな秘話を明かした。

中居は昨年7月、「男」「闘」「呼」「組」のネームプレートが描かれたケーキを持って、『音楽の日』(TBS系)に出演する男闘呼組の控室を訪問。岡本は「久しぶりに会ったじゃない。ちょっとふくよかになった感じがしたよね。前はちっちゃくてさ、コメツキバッタみたいだったじゃない。『どうも! オイッス!』ってずっとやってたから」と、中居の赤面実話を明かした。

中居は昨年末、体調を悪化させてさまざまな番組を降板。その際、男闘呼組から激励の映像が届いたという。「4人からビデオメッセージ来ちゃって。こういうの思ってくれてたんだって、そのとき泣いちゃって、1人で。涙出てきちゃって」と振り返る。そのVTRが流されたあと、前田が「こうやって復帰してくれて、俺たちもめちゃくちゃうれしい」と言えば、高橋も「心配してたから。元気そうでうれしい」と続けた。

男闘呼組は、中居が属したSMAPが結成された1988年にデビューして、1993年に活動を休止。岡本は舞台、高橋は俳優、前田はバラエティや舞台、成田はソロの音楽家に転向した。ところが、成田はVTRで「過ちを犯してしまって(地元の愛知県)名古屋に戻るきっかけのひとつになってしまったんですけど」と、表舞台から姿を消した理由を話した。音楽は2009年にやめて、大工、材木屋、8年間ほど接着剤などを作る化学工場で勤務。「(メンバーと)会えないだろうなと思っていたし、僕も会う勇気がそのときはなかったのかもしれない」と振り返った。そして2018年、メンバーは再始動に向けて動きだすこととなる……。

ネット上では「神回だ」「涙がとまらない」「彼らが集まってくれたことに感謝」など感動の声があった。

PICK UP