韓国ドラマ『ボーン・アゲイン~運命のトライアングル~』地上波放送が決定!運命に翻弄される切ないラブロマンス

公開:
韓国ドラマ『ボーン・アゲイン~運命のトライアングル~』地上波放送が決定!運命に翻弄される切ないラブロマンス

フジテレビが運営する動画配信サービスFODにて配信中の、韓国ドラマ『ボーン・アゲイン~運命のトライアングル~』(フジテレビ、毎週月曜26:30~ ※関東ローカル)が、4月3日(月)から地上波放送されることが決定した。

本作は、2020年4月に韓国で放送されたドラマ。『恋愛ワードを入力してください~Search WWW~』などに出演し人気急上昇中のチャン・ギヨン、『オクニョ 運命の女(ひと)』で大人気となったチン・セヨン、今作が除隊後初のドラマ出演となる『ウチに住むオトコ』のイ・スヒョクという、3人の演技派俳優による夢の共演が話題となった。前世から現世へ繋がる物語で、メインキャストのチャン・ギヨン、イ・スヒョク、チン・セヨンの3人が、それぞれ前世と現世で別の人物を演じ、同一のドラマの中で1人2役を演じ分ける難しい役どころに挑戦し、魅力的なキャラクターとそれぞれの人生の物語を見事に昇華させた。

物語は、1988年に生きる刑事のヒョンビンと恋人ハウン、そしてハウンに思いを寄せる孤独な青年ジチョル。三角関係に陥った彼らの思いはすれ違い、悲しい結末をたどってしまう。時は流れ2020年。検事のスヒョクと骨考古学者サビン、医大生ジョンボムとして転生した3人が再会し、やがて過去の記憶がよみがえった時、男女3人の永遠の恋が始まり……。2人の男性が1人の女性への叶わなかった愛をつらぬく切ないラブロマンス。

本作の脇を固めるのは、ジチョルの父親役に『華麗なる2人-ミセスコップ2-』のチョン・インギョム、ジョンボムの母親役に『SKY キャッスル~上流階級の妻たち~』のキム・ジョンナン、検事長でジョンボムの父親役に『ドクター探偵』のチェ・グァンイル、ヒョンビンの相棒でスヒョクに協力する刑事役に『約束の地~SAVE ME~』のチャン・ウォニョンと、韓国ドラマではおなじみのベテラン俳優たちが作品を盛り上げている。

【ストーリー】
1988年、刑事ヒョンビンには古書店を営む恋人ハウンがいた。一方、複雑な環境で育った孤独な青年ジチョルは、教会で出会ったハウンに一目ぼれをする。ある日、ハウンが重い心臓病をかかえていると知ったジチョルは事件を起こしてしまう。そして、ハウンを思うジチョルのさらなる行動が3人を悲劇に導く。時は流れ2020年――。骨考古学者のサビンはある事件の担当検事スヒョクと出会う。スヒョクはサビンのことが気になる一方、サビンが知り合った医大生ジョンボムの行動を怪しむ。やがてそれぞれに過去の記憶がよみがえり始め……。

画像ギャラリー