清水くるみ“真奈”、山谷花純“妃乃”に宣言!「東雲とは別れるつもりはない」

公開:
清水くるみ“真奈”、山谷花純“妃乃”に宣言!「東雲とは別れるつもりはない」

清水くるみ山谷花純がW主演を務める『親友は悪女』(BSテレ東、毎週日曜23:30~)の第11話が、3月19日に放送される。

原作は和田依子による電子コミック。対照的な堀江真奈(清水)と高遠妃乃(山谷)、2人の女同士の友情と、刺激的な恋愛模様などの人間ドラマが描かれる。

前回放送された第10話では、真奈の彼・東雲拓人(淵上泰史)が酒に弱いことを知った妃乃は、彼を罠にはめ、酒を飲ませて自身が泊まっているホテルへ連れ込む一幕が。SNS上では「なんで騙されるんだよ~!」「なんで酒入りのチョコ食べたの?」「東雲さんは騙されないと思っていたのに……」といった声が寄せられた。

<第11話あらすじ>
高遠妃乃(山谷)が住んでいるホテルに誕生日のケーキを届けに行った堀江真奈(清水)は、そこに東雲拓人(淵上)がいたことを知り、ショックを受けてその場を去った。

真奈のマンションにやって来た東雲は、ずっとそこで待っていた橋井翼(矢野聖人)に問い詰められる。

真奈に会って別れを告げる東雲。翌日、会社にやって来た真奈を呼び止め、謝ろうとする妃乃に、真奈は、東雲とは別れるつもりはないと言い放つのだった。苛立つ妃乃は……。

画像ギャラリー

PICK UP