醍醐虎汰朗ドラマ初主演!関水渚をヒロインに迎え古谷実のヒット漫画『シガテラ』を実写化

公開: 更新:
醍醐虎汰朗ドラマ初主演!関水渚をヒロインに迎え古谷実のヒット漫画『シガテラ』を実写化

醍醐虎汰朗が、テレビ東京にて4月7日(金)よりスタートする新ドラマ24『シガテラ』(毎週金曜24:12~)で初主演。ヒロイン役を関水渚が務めることも併せて発表された。

原作は、「行け!稲中卓球部」で爆発的な人気を博し、「ヒミズ」「ヒメアノ~ル」など映像化作品も多い人気漫画家・古谷実の同名作。2003年から2005年にかけて「ヤングマガジン」にて連載、単行本は全6巻で発行部数200万部のベストセラーとなった。いじめられっ子の高校生・荻野優介が送る“日常”と、その中に潜み平穏を侵略する“非日常”を描いた青春サスペンスとなっている。

荻野優介を演じるのは、ドラマ初主演となる醍醐。2017年に舞台『弱虫ペダル』の主人公・小野田坂道役に抜擢、2019年の大ヒットアニメ映画『天気の子』では、オーディションで2000人の中から主人公・森嶋帆高役に選ばれ、同作で「第十四回 声優アワード」で新人男優賞を受賞。最近では、舞台『千と千尋の神隠し』でのハク役や映画『カラダ探し』、連続テレビ小説『舞いあがれ!』への出演、映画『野球部に花束を』での主演など、飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍を見せている。

さらに、荻野の恋の相手・南雲ゆみを演じるのは関水。2019年の映画『町田くんの世界』で1000人を超えるオーディションを勝ち取り、ヒロインの猪原奈々役で映画初主演を果たし、その後話題の映画やドラマに続々出演。現在放送中のドラマでもヒロインを演じるなどこれまでも多くの作品でヒロインを演じてきた関水が、原作でも人気の高いキャラクターである圧倒的ヒロイン役を熱演する。

この度、醍醐と関水、そして原作者の古谷からコメントが到着。以下にて紹介する。

<醍醐虎汰朗 コメント>
――本作の出演オファーを受けた時の感想、原作または台本を読んでみての感想をお聞かせください。

遂に連続ドラマで主演を務めることができるのかと、心躍り舞い上がりました! 原作の漫画と脚本を読ませていただいて、普段の自分とはかけ離れた荻野のキャラクターに一瞬戸惑いましたが、自分とは異なる部分が多いからこそ、この役柄を演じることによって役者として更に成長できるチャンスですし、挑戦したい! と前向きな気持ちが沸きました。

――演じられる役どころについての印象をお聞かせださい。

荻野優介は、普段は冴えなくて特徴があまりない控えめな男の子だと思います。ただ自分の世界観を持っていて、ゾーンに入ると、とてもリアクションが大きくなったり、破茶滅茶な事を言い出したり……感情の起伏や浮き沈みが激しいキャラクターだと思います。

――連続ドラマ初主演となりますが、意気込みをお聞かせください。

芸能界に入り約6年となるこの年に連続ドラマで主演を務めさせていただくことは大変嬉しく光栄です。現在、モチベーション高く、日々良い状態で撮影に励むことができています。今まで培ってきたものを全力で本作に出せるように努め、強い志と情熱をもって新境地となるお芝居にも挑みたいです。

――視聴者のみなさんへみどころなどメッセージをお願い致します。

高校生活で、いじめられている男の子が、バイクに興味を持ち、そこで出会った女の子と心を通わせていく中でいろいろな感情や学びを得て成長していくお話です。初々しい学生時代に戻った気持ちで、荻野の初恋を見守っていただければ嬉しいなと思います。放送を楽しみにしていてください!

<関水渚 コメント>
――本作の出演オファーを受けた時の感想、原作または台本を読んでみての感想をお聞かせください。

原作、とても面白かったです。南雲ゆみというキャラクターは男性の理想が詰まった女性だなと感じました。男性から見たいわゆる“いい女”を演じるのは初めてのチャレンジだったので、そのような機会をいただけてとても嬉しいです!

――演じられる役どころについての印象をお聞かせださい。

南雲ゆみは、人に対する好き嫌いや偏見がなく、常に相手を理解してあげるというスタンスです。自分と違う生き方や考え方の人に対しても面白いと思えて、リスペクトできるような心にゆとりのある女性です。ゆみの周りにいる荻野くんや田島は気持ちファーストで生きている人たちですが、ゆみは論理的で、ある種、哲学的に物事を考える人間です。そして一見大人びて見えるゆみですが、実は自分の気持ちを一番に優先できないことがコンプレックスなのかも、と考えています。

――撮影への意気込みをお聞かせください。

南雲ゆみというキャラクターに丁寧に丁寧に息を吹き込んでいきたいと思います。まっすぐな荻野くんとは真正面からぶつかって、どんどん2人の愛を深めていけたらと思っています。

――視聴者のみなさんへみどころなどメッセージをお願い致します。

今を生きるのに必死なティーンエイジャーたちがとにかく生き生きしていて魅力的な作品です。学生の方やキャラクターと同年代の方はこのドラマを見て、キャラクターに共感していただいて今を大切にできるのではと思っています。私と同年代以上の方達には、眩しすぎる、2度と戻れないあの青春時代の懐かしさを存分に感じていただける作品だと思います。きっと、今自分と向き合ってくれている人を大切にしたくなるドラマです。ぜひご覧ください!

<原作者・古谷実 コメント>
よろしくお願いいたします。

画像ギャラリー

PICK UP