田中圭“朝陽”は玉響から移籍してしまうのか…その本心は?

公開:

門脇麦が主演を務める水曜ドラマ『リバーサルオーケストラ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の最終話(第10話)が、3月15日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同番組は、元天才ヴァイオリニストで超地味な市役所職員と変人マエストロの最強(!?)の2人が、ポンコツ交響楽団(オーケストラ)を一流オケに大改造!? 爽快感バツグンの音楽エンターテイメントドラマ。現在TVerでは、第1話~第3話が延長配信中。また、そのほかにもダイジェスト動画や演奏シーンの映像などが配信中。

前回第9話では、谷岡初音(門脇)が常葉朝陽(田中圭)に告白。しかし、朝陽からは「やめておいた方がいい。僕は君が思っているような人間じゃない」との返事。家に帰ってからも、その発言の意図を理解できない初音は、翌日朝陽のところへ向かい……。SNS上では、フラれたときの初音の反応や、自分が納得するまで諦めない彼女に「最高」「可愛すぎる」「たまらない」​​とのコメントがあがっていた。

そして最終話、負けたら解散――打倒・高階に燃える「児玉交響楽団(玉響)」は、運命のこけら落とし公演に向けて朝陽の厳しい指導に必死に食らい付く。

自分たちの演奏がどんどん良くなっていることを実感して、オケのムードは高まるばかり。全体練習の後も、初音は朝陽に呼ばれてマンツーマンで演奏について話し合う日々。「チャイ5」の表現方法やオケの引っぱり方など話しながらも、2人だけの時間が嬉しい初音。

そんな中、朝陽が高階へ移籍するというウワサを耳にする。そんなことはあり得ない、と気にも留めない初音だが、朝陽が高階フィルと接触していると知り、胸騒ぎがして……。

モヤモヤが晴れない初音は、高階フィルのゲストコンマスを務める三島彰一郎(永山絢斗)に会って真相を確かめてみるが、三島は何も知らない様子。やぱり移籍の話はただのウワサなのか?

公演前日、「明日は、堂々と誇りをもって、玉響の音楽を聴衆に届けましょう」。朝陽の心強い言葉に、オケのボルテージも上がり、朝陽と初音はがっちりと握手を交わすが――。

たった4か月前はバラバラだったポンコツオケと、ステージに立つことすらできなかった天才ヴァイオリニストが、いよいよ日本一のオーケストラと一騎打ちの舞台へ!

画像ギャラリー