藤ヶ谷太輔“紘一”がサウナやキスで魅せた大人の色気に「胸アツで死にそう」

公開: 更新:
藤ヶ谷太輔“紘一”がサウナやキスで魅せた大人の色気に「胸アツで死にそう」

藤ヶ谷太輔Kis-My-Ft2)の主演ドラマ『ハマる男に蹴りたい女』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)の第7話が、2月25日に放送。SNS上では、設楽紘一(藤ヶ谷)と香取俊(SixTONES京本大我)のサウナや、紘一と西島いつか(関水渚)とのドキドキのシーンに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

「香取の気持ちにまだ追いついていない」といういつかと、元妻・澤部夏美(早見あかり)の望む“昔の自分”には戻れないという紘一。二人ともお互いに、自分がどっちつかずの気持ちでいることに、自己嫌悪する。

そんななか、いつかたちは後輩のミスで、「カヅキビール」の常務・加藤忠正(大河内浩)への最終プレゼンの時間を誤り、チャンスを逸してしまう大ピンチに。

いつかの提案をムダにしたくない紘一と香取は、ついには加藤常務がいるサウナにまで押しかけ、再プレゼンの機会を懇願する。もともと加藤常務を激怒させてカズキビールを退社した紘一。なぜ、赤の他人のために頭を下げるのか問われると、「カズキビールのためです」といつかたちの企画の素晴らしさを訴える。辞めたあとも変わらない商品や会社への熱い思いが加藤常務の心を動かし、再プレゼンのチャンスをもらうことに成功する。

そして、紘一の行動はいつかの心も動かす。サウナで手をケガした紘一のため、頭を洗ってあげて感謝するいつか。紘一も「俺も、あんたに救われたから」と素直な気持ちを口にすると、いつかは「私も、押し倒したくなるのは管理人さんだけなんです」と、ゆっくりとキス。紘一も思いが溢れ、いつかの背中に手を回して応えていく。

SNS上には、紘一や香取のサウナでの均整の取れた身体に「想像以上」と盛り上がる声や、紘一といつかとの長いキスシーンに「胸アツで死にそう」「悲鳴出た」と“キュン死”する声が溢れた。

次回は3月4日放送。再びいつかに押し倒された紘一は……。

なお、現在TVerでは、第1話や、第1~6話の後半ダイジェスト動画が配信中。