鈴木伸之“悟郎”、菜々緒“蛍”の正体を追及されかわそうとするが…

公開:

菜々緒が主演を務め、鈴木伸之と夫婦役で共演する木曜劇場『忍者に結婚は難しい』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第8話が、2月23日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

原作は「ルパンの娘」シリーズなどで知られる横関大による最新作。現代に生きる“忍者の末裔”である草刈蛍(菜々緒)と草刈悟郎(鈴木)が、表と裏の顔の二面性を持ち併せて織り成す忍者×夫婦ラブコメディ。お互いの正体を知らずに結婚し、秘密を抱えたまま生活する2人が、やがては究極の選択を迫られる。なお現在TVerでは、第1話~第3話が延長配信されているのに加え、1話~6話ダイジェストなども配信中。

なお前回放送された第7話は、じわじわと蛍の正体に迫る風富小夜(吉谷彩子)の言動が話題に。「もし蛍さんが悟郎くんに並んで生きていけなくなったら、私が悟郎くんの隣に行っていいですか?」と正々堂々の宣戦布告したシーンが、SNS上で「怖すぎ!」「既婚者に略奪宣言はやばすぎる」「諦めない女が一番怖い……」などの反響が寄せられた

<第8話あらすじ>
草刈蛍(菜々緒)が夫の悟郎(鈴木)といい雰囲気になった瞬間、蛍のスマートフォンが鳴る。警戒しながら電話に出ると、流れてくる「運命」のメロディ。それは危険を知らせるための甲賀の合図だった。音無祐樹(勝地涼)と風富小夜(吉谷)が草刈家を訪ねてきたのだ。

草刈悟郎(鈴木伸之)、風富小夜(吉谷彩子)、音無祐樹(勝地涼)
草刈悟郎(鈴木伸之)、風富小夜(吉谷彩子)、音無祐樹(勝地涼)

蛍は、音無たちの相手を悟郎に任せて、2階の寝室に身を潜めた。何も気づいていないふりをすることにして、ふたりを迎え入れる悟郎。そこで小夜は「甲賀の背の高い女って、蛍さんだよね?」と切り出す。悟郎が防犯カメラの映像を見たときから様子がおかしいことに気づいていた小夜は、蛍が妹の月乃雀(山本舞香)のストーカーを捕まえたときの身のこなしや、イベント会場に男装して潜入し、爆弾を処理した雀の名前を知っていたことなどの証拠を上げ、悟郎から真相を聞き出そうとする。それでも「蛍は甲賀なんかじゃない。普通の人だよ」と言って何とか追及をかわそうとする悟郎。

草刈悟郎(鈴木伸之)
草刈悟郎(鈴木伸之)

小夜は、シンクにあった食事の形跡に気付き、蛍が隠れていることを察する。だが、小夜が2階を調べに行ったときには、蛍の姿はなく……。悟郎は、時間をくれないかと小夜に申し出る。蛍と話をして、彼女の口から本当のことを聞きたいというのだ。悟郎に同情した音無が味方をしたこともあって、彼の提案を受け入れることにした小夜は、24時間後に結果を持って本部に来るよう命じる。

画像ギャラリー