妻夫木聡“エース”と藤原竜也“ジョーカー”の固い絆に「胸熱」

公開:
妻夫木聡“エース”と藤原竜也“ジョーカー”の固い絆に「胸熱」
最新エピソードを無料視聴

妻夫木聡が主演を務める日曜劇場『Get Ready!』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第5話が、2月5日に放送。闇医者チームの結成秘話が明かされ、ネット上では妻夫木演じるエースと、藤原竜也演じるジョーカーの絆に注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

エースの指示で若年性アルツハイマーを患う佐々木渚(小島藤子)と夫の健二(高橋光臣)にオペの交渉をするジョーカーだったが、突然、健二が腹部を手で押さえ、苦悶の表情を浮かべる。エースは健二が急性壊死性膵炎を患っていることを見ぬいていた。

エースから「昔お前が死にかけた病気だ」と告げられたジョーカーは、患者が渚ではなく健二だったことを知り、交渉を続けるように指示するエースに反発。2人の関係に首を傾げるスペード(日向亘)に、特殊機械担当のクローバー(小林勝也)が明かしたのはエースとジョーカーの出会いの物語だった。

4年前、弁護士だったジョーカーは海外進出を前に急性壊死性膵炎を発症。余命1か月を宣告される。ジョーカーは偶然バーで出会ったエースに医者としての才能を感じ、診察を懇願。「生きていればそれでいいのか?」と問い、去ろうとするエースに、ジョーカーは「生きてこそだろ!」と返す。

しかし、ジョーカーは裁判相手の母親に逆恨みされて腹部を包丁で刺されてしまう。応急処置をしたエースは、自身が医者の性から逃れられないことを知り、死を受け入れたジョーカーに「その覚悟、俺に預けてみないか」と申し出る。オペを前に、ジョーカーがエースに伝えたのは「俺もあんたも絶望の縁にいる。なら這い上がるしかない。俺はあんたに賭ける」という言葉だった。手術によって一命をとりとめたジョーカーは「俺は絶望の縁にいる人を救いたい」と、エースに闇医者チームの結成を提案する。

そんな2人の出会いと絆に、ネット上では「最高のコンビ」「素敵なバディ」「胸熱」「あの2人をもっと見たくなる」などのコメントが寄せられた。

次回、第6話は2月12日に放送。ジョーカーは次の患者候補に、余命宣告を受けた世界的なパティシエを挙げる。

なお、現在TVerでは、第1話~第3話の他、前半のダイジェストやナビも配信中だ。

PICK UP