北村匠海“一星”、吉高由里子“鈴”に突然のキス!?『星降る夜に』スタート

公開:

吉高由里子北村匠海が出演する『星降る夜に』(テレビ朝日系、毎週火曜21:00~※初回は拡大スペシャル)が1月17日よりスタート。また、民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同ドラマは、のどかな海街を舞台に、感情を忘れて孤独に生きる産婦人科医・雪宮鈴(35歳/吉高)と、音のない世界で自由に生きる10歳下の遺品整理士・柊一星(25歳/北村)――命のはじまりと終わりをつかさどる対照的な2人が星降る夜の出会いを機に、世の中のさまざまな既成概念を鮮やかに飛び越えながら運命の恋を育んでいく、この冬一番美しい乾きがちな大人の心を潤す、大人の“10歳差”ピュアラブストーリー。

ドラマは、心が研ぎ澄まされるような静けさの中、どこまでも広がる満天の星空――そんなハッと息を呑むような美しい映像と共に始まる。そこから2分にわたり無音で紡がれるのは、物語のプロローグとなる音のない世界を生きる一星の世界。湖畔で写真を撮る一星のそばに、ふと笑顔で現れ、何かを語りながら星空を見上げる鈴。まるで吸い寄せられるかのような表情を浮かべながら、彼女にカメラを向けシャッターを切る一星。そして……突然のキス! 静寂を破るほど衝撃的で、まるで夢のような2人の出逢いが、見る者の心をも一瞬で奪う。

一方、そんな夢現な星降る夜の出逢いは、主人公・鈴の心も大きく揺さぶることに! 断りもなくカメラを向けてきたかと思えば、図々しく鈴のお酒を勝手に飲み、声をかけても何も語らない。しかし、鈴が寒そうにしていると、自分のマフラーを巻いてくれる優しくて不思議な青年。そんな彼と突然キスまでしてしまった鈴は、戸惑いながらも、本能の恋の扉をそっと開いていき……。

――人は恋で生まれ変わる。教えてくれたのは、10歳下のあなたでした――

『星降る夜に』では、脚本家・大石静が生み出した美しく情熱的な大人のピュアラブストーリーに、さらなる情感をもたらすキャスト陣の芝居にも注目だ。中でも、感情を押し殺すかのように日々を生きる中、一星と出逢うことで徐々に自分自身を開放していく鈴のちょっぴりぎこちない心模様を丁寧に演じる吉高、音のない世界で自由に生きるちょっと強引で子供っぽいけれど、とてつもない魅力を放つ一星を愛くるしく演じる北村――物語の主軸を担う2人のナチュラルさの中に感情が躍動する繊細な芝居は必見! たとえ彼らと同じ境遇ではなくとも、その心情に思わず寄り添い、感情移入してしまうはずだ。

また、45歳の心優しき“ポンコツ天然”新人ドクター・佐々木深夜を演じるディーン・フジオカのポンコツ演技も見逃せない。劇中では検尿を頭から被ったり、周りから総ツッコミされる変顔をしたり、年下の鈴に「おいで」と呼ばれたり……。今までのディーンのイメージを180度覆すキュートでほっこりする新境地にも期待したい。

<第1話あらすじ>
のどかな海街にある「マロニエ産婦人科医院」で働く35歳の産婦人科医・雪宮鈴(吉高)。ある医療裁判がきっかけで、大病院を追われた彼女は、命の始まりと終わりが繰り返される毎日や、窮屈で息苦しい社会の中で心がすり減り、誰にも本音を語らず、孤独な毎日を過ごしていた。

そんなある日、鈴は息抜きのためソロキャンプへ。一人で酒をあおり、燦然と輝く星空を見上げたその時、彼女の前に1人の美しい青年・柊一星(北村)が現れる。

どこから来たのか、何者なのか、彼は何も語らない。息が白くなる冬の星空の下で、何枚も何枚も、鈴に向けてシャッターを切る一星。しかも、鈴の酒を勝手に飲み始めたかと思えば、寒さに震える彼女に自分のマフラーを甲斐甲斐しく巻いてくる。やけに図々しくて、でも慈しむように優しくて……。不思議な青年に戸惑いつつも、酒の力もあいまって、そのまま鈴は一星とキスをして――!?

翌朝、微妙に記憶のない頭を抱えて目覚めた鈴は、一星が何か手でサインを伝えたまま、去ってゆく背中を見送る。あれは夢だったのだろうか……非日常な思い出を片手に現実に戻った彼女はやがて、一星から送られたサインの意味に気づく。

「お前のゲロ、全部片付けた、バ~カ」

そう、彼は、手話で悪態をついていたのだ。2人はまだ知らない。この数日後、また出逢う運命にあることを。

――人は恋で生まれ変わる。教えてくれたのは、10歳下のあなたでした――

これは、命のはじまりと終わりをつかさどる2人が、世間の決めた“概念”を超えて、愛を知ってゆく物語。はたして、鈴と一星の運命は……?

画像ギャラリー