櫻井翔“武蔵”と対峙…鬼の武装集団キャストの考察合戦が過熱「一体誰よ!」

公開:
櫻井翔“武蔵”と対峙…鬼の武装集団キャストの考察合戦が過熱「一体誰よ!」

櫻井翔が主演を務める土曜ドラマ『大病院占拠』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第1話が、1月14日に放送。ネット上では、謎の鬼の集団のキャストについて考察する人が多くいた(以下、ネタバレが含まれます)。

1年前、人質を守るためとはいえ、ガソリンスタンド立てこもり事件で、犯人の命を奪ってしまった神奈川県警捜査一課の武蔵三郎(櫻井)は、それ以来、休職し、家族とも別居。妻・裕子(比嘉愛未)が働く病院「界星堂病院」で、心の治療を受けていた。

​​武蔵が病院のトイレで薬を飲んでいると、何やら時計の音が聞こえてきた。不審に思った武蔵は、掃除用具入れから紙袋に入った爆弾を見つける。「ウソだろ!」と、間一髪その場を離れると、トイレが爆発した。

病院内が騒然とする中、武蔵や警備員らの前に鬼の面をした武装集団が現れた。彼らは銃を持って院内の人たちを制圧している。武蔵は隙を見て逃げたが、ほとんどの人々が鬼たちの監視下に置かれる形となった。スマホは圏外になるものの、無線は通じるため、武蔵は神奈川県警刑事部捜査一課特殊班(SIS)管理官​​の和泉さくら(ソニン)に状況を報告した。

リーダーらしき青鬼が、ひとつの場所に集められた患者や医師たちに「たった今、我々はこの病院を占拠しました。今後みなさんは、我々と運命を共にしていただきます」と話している。心療内科医・常陸(水橋研二)が立ち上がって声をかけるが、あっという間に殺されてしまい……。

ネット上では、鬼の面から見える口元、モザイクがかかったエンドロールのテロップ、さらにはスタッフ陣の顔ぶれなどを見て、どんな俳優が鬼を演じているのか、考察を楽しんでいる人も多く「一体誰よ!」「難しい」「◯◯に見える!」との声があった。

次回は1月21日に放送。鬼が、全国民に向けて「百鬼夜行ちゃんねる」のライブ配信を始める。