下野紘『うたプリ』開始当初は「人気になると思ってなかった」

公開:
下野紘『うたプリ』開始当初は「人気になると思ってなかった」

声優・浪川大輔によるトーク番組『浪川んちに集合な!』(BS日テレ、毎週水曜23:00~/TOKYO MX、毎週木曜24:30~※1月12日スタート)が1月11日に放送スタート。声優・下野紘がゲスト出演し、人気声優になるまでの苦労や、出演コンテンツの裏話などを明かした。

下野が声優として売れる前の話題で、浪川が「バイトとかしてた?」と聞くと、下野はアニメに出演するようになってからもずっとバイトを続けていたと語り出す。「声優一本で食べていけるかもしれない」と思ったところでまた仕事が減り……ということを繰り返し、本当に声優としての収入だけで生きて行けるようになったのは26~27歳の頃だと明かした。

下野にとっての出世作は、アニメ『CLUSTER EDGE』。その頃に『おおきく振りかぶって』など人気作への出演が続き、知名度が上がったり、先輩たちと絡めるようになったりしたのだという。

また、下野にとって外せないのが『うたの☆プリンスさまっ♪』の存在。浪川が「あんなに行く(人気になる)ものだと思ってたの?」と聞くと、下野は「思ってなかった」と即答。それまで男性アイドルを扱った作品が少なかったこともあり、制作陣も「新しいものにチャレンジしよう」と人気になる確約がなく作っていたそう。

最初の頃は衣装は自身で用意していたという話題では、浪川も「あるある」と大盛り上がり。下野は人気になってからは衣装が用意されるようになったという裏話も明かしていた。

次回は1月18日に放送。引き続き下野がゲスト出演する。