オードリー&マヂラブ&ランジャタイの止まらない“地下ライブ”トークに佐久間宣行「長いよ」

公開:
オードリー&マヂラブ&ランジャタイの止まらない“地下ライブ”トークに佐久間宣行「長いよ」
「あちこちオードリー」を見る

1月11日に放送された『あちこちオードリー 〜春日の店あいてますよ?〜』(テレビ東京系、毎週水曜23:06~)では、マヂカルラブリー野田クリスタル村上)とランジャタイ伊藤幸司国崎和也)の地下ライブでの話題にオードリーも共感し、懐かしい思い出話で盛り上がるも、プロデューサーの佐久間宣行から止められる場面があった。

同番組では、「元地下芸人の2組」としてマヂカルラブリーとランジャタイが登場。2組が結成秘話から地下ライブ時代の苦悩と葛藤、現在の心境などを赤裸々に語った。

ギャラが出るどころか自らお金を払って出演する「地下ライブ」について、野田は「お笑いをやるっていうのは、お金がかかる趣味だと思ってた」と明かすほか、ファンがスタッフも兼任しているなど知られざる事実を告白。さらに、「本当の“地下”って面白くないんです。新鮮な魚介と同じ。マジで新鮮なものって臭かったり苦かったりするじゃないですか」と断言する。すると、若林正恭も「地下ライブって調理・加工しないんだよね。面白いって思うものをボトッて出すんだよね」と激しく共感する。

そんな中、地下ライブがよく行われているライブハウス「中野twl」の話題に。若林が「中野twlって、本当に住宅街の中にあって、右斜め前にパン屋がある」と懐かしむと、春日俊彰も「そこでパンの耳もらってた」と回顧。すると若林が「『春日』って書かれたパンの耳の袋で先輩たちが舞台上でサッカーやってたの。そうしたら『(春日が)これは僕の1か月の食料ですよ!』ってキレたの見たことある」と暴露。

また、村上が「ちょっと面白いみたいな人が楽屋のソファに座る」、国崎が「脳みそ夫さんが流し台に脳みそ入った水捨ててた」、春日が「アンガールズが体育座りしてた」などと、一同が「中野twl」の話で盛り上がっていると、カメラの後ろから佐久間が「中野twlの話やめろ」というカンペを出し、「長いよ」と暴走する一同をいさめていた。

次回は1月18日に放送される。