『ポルノグラファー』シリーズの制作陣が再集結!『僕らのミクロな終末』一挙先行独占配信決定

公開:

ドラマ『僕らのミクロな終末』が、フジテレビが運営する動画配信サービスFODにて、1月29日(日)24時55分より一挙先行独占配信されることが決定。なお、本ドラマは同日同時刻からABCテレビにて放送される。

本ドラマは、コミックシーモア「みんなが選ぶ電子コミック大賞2023」のBL部門にノミネートされた、丸木戸マキの同名マンガを原作とした作品。丸木戸原作の大ヒットドラマ『ポルノグラファー』シリーズの制作スタッフが再集結した。

主人公の仁科真澄役は、FODオリジナルドラマ『シンデレラはオンライン中!』や『推しの王子様』(フジテレビ)などに出演したほか、声優にも挑戦し活動の幅を着実に広げている瀬戸利樹が演じる。その相手役となる日下部律役は、映画『耳をすませば』や『孤独のグルメ Season10』(テレビ東京)に出演し、モデル・俳優などマルチに活躍する中田圭祐が務める。

さらに、『テニスの王子様』など、話題作に出演する新進気鋭の俳優、富本惣昭がアイドルオタクのピュアな男子高校生・遊馬役を。ジェンダーレスモデルとしてマルチに活躍する井手上漠が国民的アイドル嘉神まどかの自称妹・めぐる役、めぐるの姉・まどか役の一人二役など、豪華出演陣がドラマを盛り上げる。

物語は、ある日突然、「あと10日で巨大隕石が落下し、地球が滅亡する」という衝撃的なニュースが発表される中、サラリーマンとして生きがいのない日々を送っていた主人公の真澄は、残された時間を静かに過ごそうと母校の大学図書館を訪れる。そこで偶然「この世で一番会いたくない昔の男」日下部律と再会する。

真澄にとって律は、大学時代に裏切られ、ひどく傷付けられた二度と会いたくない存在だったのだが、律は真澄を地球滅亡までの最後の時間をともに過ごそうと誘ってくる。当然、真澄は拒絶するが、律は隕石落下による突然の死を目の前に恐怖する真澄の心を見透かすように、ある条件とともに、「楽に死ねる薬を渡す」と話す。その、ある条件とは、死体の処理を手伝って欲しいということだった。

そして、二人はとある目的を果たすため静岡県・浜松に向かう。その道中、徐々に互いの負った痛みや傷に向き合い、心と身体の距離を縮めていき……。

誰もが一度は空想する、「もしも地球が滅びるとしたら」。そして誰もが一度は経験する、心に刻まれた恋の痛み。真澄と律が過ごす地球滅亡までの10日間は、ラブあり、人間ドラマあり、ロードムービー要素ありと、盛り沢山で展開される。

心のドキドキとズキズキを繊細なタッチで描く『僕らのミクロな終末』。果たしてこの恋の行方は? そして地球の存亡は?

画像ギャラリー

PICK UP