純烈・岩永洋昭、卒業する小田井涼平からあたたかいエールを受ける

公開: 更新:
純烈・岩永洋昭、卒業する小田井涼平からあたたかいエールを受ける
最新エピソードを無料視聴

スーパー銭湯アイドル・純烈が、1月8日に放送された『情熱大陸』(MBS・TBS系、毎週日曜23:00~)に出演。卒業を迎える小田井涼平に、新メンバーの岩永洋昭が本音を聞くシーンが見られた。

5年連続紅白出場を決め、すっかり有名になった結成15年のスーパー銭湯アイドル・純烈。「観に来られないなら会いに行く」をモットーに各地の温浴施設でライブを行い、どこか懐かしいムード歌謡と巧みな話術でファンを盛り上げ続ける彼らだが、2022年末で小田井の卒業が決定。2023年からは、同じ事務所で俳優をしてきた岩永が加入し、新生・純烈がスタートすることになっていた。

岩永は42歳で新人デビュー。その経緯は、リーダー・酒井一圭の説得によるものだった。紅白で小田井が最後の舞台を終えた後、年明けすぐに岩永のデビューが待っているというハードスケジュールに備え、岩永は夏ごろから歌やダンスの練習を続けるが、彼には小田井にどうしても聞きたいことがあるという。

そこで、岩永は小田井の自宅を訪問し「俺が入るってなった時、どう思ったのかな」と今まで聞けなかったことを質問。これに対し小田井は「単純にいいと思った。だけど、簡単な道のりじゃないよね」と回答する。15年間、ヒットするまでの苦労を知るからこその答えだが、岩永は、苦労をしていないことに引け目を感じていた。「でも、そこを経験していないからこそ、変に置きに行かないというか、強気に攻められるというか」「メンバーが変わったって同じなんだよ、ってことの証明をしてほしい」と小田井からのあたたかいエールを受け、元旦午前2時のデビューステージに臨む。

新メンバーとしての不安を見せる岩永に、ネット上では「これからの純烈も楽しみになった!」「岩永さんの緊張感が伝わった」「頑張ってほしい」などのコメントがあった。

次回は1月15日放送。俳優・中川大志が出演する。

PICK UP