櫻井翔、千鳥・大悟のボケ企画で悲鳴「心折れそうになりました」​​

公開: 更新:
櫻井翔、千鳥・大悟のボケ企画で悲鳴「心折れそうになりました」​​
「千鳥かまいたちアワー」を見る

千鳥大悟ノブ)、かまいたち山内健司濱家隆一)の冠番組『千鳥かまいたちアワー』(日本テレビ系、毎週土曜23:30〜)が1月7日に放送。櫻井翔をゲストに迎えた。

今回の企画は「大悟のボケ当て2択クイズ​​」。櫻井がAとBのボケを披露し、どちらが大悟が考えたボケかノブらが当てるというもの。これまで、二宮和也​​、三宅健が挑戦している。オープニングトークで、櫻井は「想像の3倍の台本が置いてあった」と述べて笑わせた。

設定は、新春生放送のトーク番組で、「2023年の抱負」というお題に挑んだ。まずはAから。昨年公開された映画『トップガン マーヴェリック』に出てきた、“あるもの”に挑戦したいと語る櫻井。彼が着替えたのは……。まさかのオチと櫻井の表情を見たノブは「苦虫噛み潰してるやん」と笑った。

続いてB。櫻井はマイケル・ジャクソン​​ならぬサクライケル・ジャクソン​​に扮し「最近、腹立って思わず叫びたくなったこと」をテーマにネタを披露した。小粋なアメリカンジョーク風のオチのあと「う〜バブリー!」と手でハートを作ってポーズ。さらに「スリラー」を踊った。スタジオは笑いに包まれるも、ノブは「イカつい!」、濱家も「エグいことやらせてるぞ!」と反応。最後に櫻井は「今年挑戦したいことは『エンタの神様』に出ることです」と締めた。

改めて「(ボケ披露中に)“ウケてないな”とか思うんですか?」と問われた櫻井は「途中で心折れそうになりました」と明かして笑わせていた。

次回は1月14日に放送される。​​