小関裕太“松田”、内田理央“桃江”のおでこにキス「最高でした」

公開:
小関裕太“松田”、内田理央“桃江”のおでこにキス「最高でした」

内田理央が主演を務めるドラマParavi『来世ではちゃんとします3』(テレビ東京系、毎週水曜24:30~)が、1月4日よりスタート。シーズン1~2では性に奔放だった大森桃江(内田)と松田健(小関裕太)のもどかしい恋模様が、SNS上で話題となった(以下、ネタバレが含まれます)。

会社の同僚・松田と3か月付き合ってから一線を越えようと約束した桃江だが、3か月を過ぎても何も起こらないことに悶々とした感情を覚えていた。「今日こそは……!」と家に誘う連絡をしてみると、席の前から笑顔とOKサインで返事をしてくれ、桃江は大いに浮かれる。

しかし、いざ家で2人きりになってもそういう雰囲気に持って行けず、「したいのは私だけなの?」と悩む桃江。「大切にしてくれるのかな? 本当は私に興味ない?」などと不安になるのだが、帰り際、松田は桃江のおでこにキス。ただそれだけで桃江は「濡れたー!」と体が反応してしまう。

その時、セフレたちから連絡が届いていることに気付き、松田もセックスをしたら変わってしまうのではないかという不安も同時に生まれてしまった桃江。その一方で、松田も桃江と一線を越えられないことに葛藤していた。

これまでの彼女同様に、桃江をドロドロに甘やかして自分に依存するようになれば良いという気持ちがあることに気付いた松田。また、桃江と同じく「(キスの)続きをしたら、大森さんが変わらない保証は?」という不安も抱き始め、セフレや元カノからの連絡に心が揺れ始める……。

SNS上では、桃江と松田の葛藤に「桃ちゃんと松田くん……どうなっちゃうの」「1~2では性に奔放すぎてハラハラしてたけど、3からはモヤモヤしそう」などの感想が。また松田が桃江のおでこにキスしたシーンに「デコチュー最高でした」「神回」「ビジュが大好き」といったコメントが寄せられた。

次回、第2話は1月11日に放送。処女しか好きになれないセカンド童貞・林勝(後藤剛範)は夢に見るほど元カノの梢(浦まゆ)のことを忘れられずにいた。

PICK UP