平野紫耀“黒崎”、佐々木蔵之介“宝条”を追い詰める!『クロサギ』後半ダイジェストTVerで配信中

公開:
平野紫耀“黒崎”、佐々木蔵之介“宝条”を追い詰める!『クロサギ』後半ダイジェストTVerで配信中

平野紫耀King & Prince)が主演を務める金曜ドラマ『クロサギ』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第6話から第9話までのストーリーをまとめたダイジェスト動画が、民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて配信中。

家族の仇がひまわり銀行の執行役員・宝条兼人(佐々木蔵之介)であると確信した黒崎高志郎(平野)。父・浩司(前川泰之)は宝条に言われるままに、ひばりファイナンスから家を担保に金を借りたのだが、1か月後、借りた3000万円がひまわり銀行の借金にあてられてしまう。宝条はひまわり銀行からひばりファイナンスに出向し、不良債権回収の仕事をしていた。金を返さない客にファイナンスから借りさせて銀行に返させる。そうして、金をかき集めていたのだ。

一方の宝条も、甥の鷹宮輝(時任勇気)の情報により黒崎の“正体”を知る。黒崎は宝条の「お友達」をあの手この手で食っていくのだが、自分の周囲の人間ばかりが狙われていることを不審に思った宝条は「この男、野放しにしてはいけない」と、手を回して黒崎を逮捕させる。

釈放された黒崎は桂木敏夫(三浦友和)のもとへ向かい、宝条と手を組む桂木とは決別すると告げる。そして黒崎は、吉川氷柱(黒島結菜)に旅立つことを伝え、愛猫クロを預け行方をくらますのだった。

次回、12月23日に放送される第10話は最終話。誘拐された氷柱を助けに向かった黒崎だが、2人は絶体絶命のピンチに陥ってしまう。