A.B.C-Z塚田僚一、ボディビル大会で驚愕のポーズ「アイドル人生のターニングポイント」

公開: 更新:
A.B.C-Z塚田僚一、ボディビル大会で驚愕のポーズ「アイドル人生のターニングポイント」

12月16日に放送されたA.B.C-Z橋本良亮戸塚祥太河合郁人五関晃一塚田僚一)の体験型バラエティ番組『ABChanZOO(えびチャンズー)』(テレビ東京系、毎週土曜25:25~)で、ボディビル大会への出場を目指していた塚田のドキュメントが完結。メンバーの応援を背に、自分を追い込む姿をカメラがとらえた。

塚田は、2021年に発足したAPFという団体のボディビル大会で「フィジーク」という種目に挑むため本格的なトレーニングを開始。大会4か月前から胸、背中、腹筋のラインを出すプログラムに取り組むと、1か月で体が変化。食事管理もはじめた塚田は、「トレーニングももちろん大事だけど、食事で筋肉は付くんですよ。栄養がなければ(筋肉は)おっきくならないじゃないですか」と説明した。

また、わずかな産毛でも筋肉の陰影を隠すという理由で、メンバーも手伝って塚田の体を脱毛をする。右すねに貼られた脱毛テープを河合からはがされると、「うわー、痛い痛いっ! やるんならやるって言って」と、涙目。さらに両脇と両すね4か所の脱毛テープを同時にはがされると、ガッツポーズをして見せた。

大会当日、メンバーがサプライズ訪問。最終調整で背中を鍛えるために、ゴムトレーニングの相手を河合が務めると「パチン」とゴムが切れるアクシデントが発生。笑うメンバーを尻目に、塚田は「こんなんじゃ足りない! もっと俺に強いゴムをくれ」と懇願する。

塚田は、「自分はアイドル。憧れてもらう存在として、お手本にならなければいけないような気がするんです。この大会はアイドル人生のなかでも、めちゃくちゃ大事なターニングポイントだと思っていて。結果を出したい」と意気込む。

こうしてステージへ向かった塚田は、アイドルスマイルでポーズを披露。トレーナーが「ナイス」と称えるほどの素晴らしい仕上がりにメンバーも大盛りあがり。果たして大会結果は!?

次回は12月24日に放送。