平野紫耀“黒崎”、大きなペロペロキャンディを舐め「色っぽい」の声

公開:
平野紫耀“黒崎”、大きなペロペロキャンディを舐め「色っぽい」の声

平野紫耀King & Prince)が主演を務める金曜ドラマ『クロサギ』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第9話が、12月16日に放送。ネット上では、黒崎高志郎(平野)がペロペロキャンディを舐めるシーンや特殊メイクを施すシーンに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

警察に逮捕され釈放された黒崎は、桂木敏夫(三浦友和)のところへ。宝条兼人(佐々木蔵之介)を喰うために、宝条と手を組む桂木とは決別すると告げる。そして黒崎は、吉川氷柱(黒島結菜)に旅立つことを伝え、愛猫クロを預け行方をくらます。

2週間後、不正献金疑惑でマスコミに取り上げられた民政党議員・蒲生紗千子(秋山菜津子)は、新党立ち上げを画策。その軍資金100億円を宝条に準備するよう命じる。それは宝条にとっても、ひまわり銀行をメガバンクにして、もっと大きな力を持つ野望を実現するためのラストチャンスとなるものだった。

宝条が海外ファンドを探すことを見越し、シンガポールに本社を持つStonePartnersの日本支社を設立した黒崎は、特殊メイクを施し同社の担当者として宝条と面会。必要な資金を全額融資する代わりに、他からの融資を受けないでほしいと条件を出す。

また、何年も前から宝条を追い続ける金融庁の日下瑞樹(山田キヌヲ)に接近した黒崎は、不正献金も海外ファンドもすべて自分が仕掛けたと告白。目的が同じだと感じた日下は黒崎に加担することを決め、「私が持ってる証拠を見せる」と約束を取り付ける。しかし、黒崎が日下の家へ向かうと、そこには飛び降り自殺を図ったとされる日下の姿が……。

SNS上では、日下から情報を得るために口説く黒崎が、大きなペロペロキャンディを舐めるシーンに、「カワイイ」「色っぽい」「ドキドキする」といったコメントがあがっていた。

次回最終話は12月23日に放送。ついに宝条との直接対決の時が訪れる。