あの、陽キャの「Habit」​​ダンサーに困惑 歓迎ムードも「怖い」

公開: 更新:
あの、陽キャの「Habit」​​ダンサーに困惑 歓迎ムードも「怖い」

チョコレートプラネット松尾駿長田庄平)とあのがMCを務める『日本シン人種図鑑』(テレビ東京、毎週水曜26:05〜)が11月30日に放送。あのの密着VTRが放送された。

今回は、アーティストanoとしてリリースされたアニメ『チェンソーマン』(テレビ東京系、毎週火曜24:00~)の週替わりエンディングテーマ「ちゅ、多様性。」のダンスの振り入れやMV収録などにスタッフがカメラを持って潜入した。

ダンスリハーサルの日。スタジオに向かうと大勢のダンサーが「あのちゃんだー!」と拍手でお出迎え。元気いっぱいの歓迎ムードにあのは「怖い」と戸惑った。振り付けを考えたのは、SNSでバズり中のSEKAI NO OWARI「Habit」でおなじみパワーパフボーイズ。準備をしてダンスの振り付けをするのかと思いきや、彼らの提案で「あまりしりとりで出てこないマニアックな言葉しか言っちゃいけないしりとり」で交流を深めることになった。

「ち」で回ってきたあのは「ちんたま君」というキャラクターの名前を言ってメンバーを笑わせた。肝心の振り付けはあっという間に習得。練習の成果も披露された。スタジオでは初対面でのしりとりは「怖かった」というあのに対し、人見知りの長田が「いきなり陽な感じでパッと来られたら怖いね」と同調。「1個ギアをグッと上げないといけない」と話した。

このほか、朝から深夜にかけて収録したMVの密着VTRも盛りだくさん。夜の11時に番組スタッフが楽屋を訪ねると部屋が真っ暗だった。「目を休めているんです」とあの。暗闇の中でTwitterを見ている彼女に、スタジオの長田は「(逆に)疲れるよ」とツッコミを入れていた。

次回は12月7日に放送。あの密着第2弾をお届け。自ら作詞する独特の感性や、熱いライブパフォーマンスを掘り下げる。さらに美容室や友達とのご飯会などオフのあのに密着していく。