オダギリジョー“興津”、煽りスキルの高さと勝利の咆哮に「悪い顔すぎる」

オダギリジョー“興津”、煽りスキルの高さと勝利の咆哮に「悪い顔すぎる」
最新エピソードを無料視聴

山崎賢人が主演する日曜劇場『アトムの童』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第5話が、11月13日に放送。ネット上では、興津晃彦​​(オダギリジョー)の煽りスキルの高さに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

安積那由他(山崎)と菅生隼人(松下洸平​​)が制作したゲーム「アトムワールド」が完成。配信サイトに申請を出すも、どのサイトからも審査で弾かれてしまう。すると、興津からコンタクトがあった。

那由他​​、隼人、富永海(​​岸井ゆきの)の3人でSAGASへ。今回の一件は興津の仕業だと納得する中、興津がSAGAS運営の配信サイトで「アトムワールド」を扱ってもいいと持ちかけて、その代わりにアトム玩具の造形技術を譲ってほしいと提案してきた。那由他​が「もう二度と同じ間違いはしない」と断ると「緒方​​公哉(栁俊太郎)くんでしたっけ?」と興津。「亡くなっていたとは知りませんでした。ですが、ビジネスには契約がつきものです。契約書の確認を怠ったのは、そちら側の非であり、私には何の非もありません」とけん制した。

その後、自社サイトで販売することにしたアトムは、一発逆転の案でダウンロード数を伸ばし、「ジャパンゲーム大賞」にノミネートされるまでに成長した。ゲーム大賞イベント当日、多数のマスコミを連れて興津がアトムブースにやってきた。彼は「もし彼らが今回大賞をとれば、歴史的快挙ですよ」と笑う。完全に“ダシ”に使われたわけだ。結果的に賞はSAGASにとられるも、アトムはユーザーが選ぶ「アジアゲームアワード ベストワン賞」を獲得した。

どんどんと成長していくアトムだったものの、銀行と興津の仕掛けた“毒”によって、会社がSAGASに売却される形に。アトムが差し押さえられているころ、興津は勝利の咆哮を上げていた。

ネット上では、興津の煽りや仕掛けた毒に「日曜劇場らしくなってきた」「ゾクッとした」「悪い顔すぎる」とのコメントがあった。
​​
次回は11月20日に放送。アトムがSAGASに買収されてから1年の月日がたち……。

PICK UP