趣里“サワコ”の狂気が話題!『サワコ~それは、果てなき復讐』前半ダイジェスト配信中

公開:
趣里“サワコ”の狂気が話題!『サワコ~それは、果てなき復讐』前半ダイジェスト配信中

趣里が主演を務める連続ドラマ『サワコ~それは、果てなき復讐』(BS-TBS、毎週日曜23:00~)のダイジェスト動画が、民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて配信中。1話から5話までのストーリーを10分で振り返ることができる。

音川マチカ(深川麻衣)は将来を約束した恋人・八田雪斗(小関裕太)を突然の火事で亡くす。途方に暮れるマチカの元に現れたのが、元同僚であり雪斗の元恋人でもあった深井サワコ(趣里)だ。サワコから住む家がないと聞いたマチカは、雪斗を略奪した罪悪感からサワコを自宅に招き同居生活をスタートさせる。

すぐに音川家の面々と親しくなったサワコは、マチカの弟・健介(曽田陵介)を誘惑。サワコが「好きな人を取られちゃったの」と打ち明けたことから、サワコに心酔する健介はマチカへ批判の目を向けるように。父・智治(岩谷健司)や母・須美(赤間麻里子)もまた、マチカの毒牙にかかっていき家族が崩壊していく。

そうした中、マチカの高校の同級生であり、マチカが関わっていたであろう高校時代のある事件を調べる刑事・大津慎司(庄司浩平)がマチカに接近。大津がサワコのことを調べると、高校時代3か月だけ在籍した髪の長い転校生・園田月絵こそがサワコで、その後、整形して顔と名前を変え現在の姿になったことが明らかになる。

サワコが自分に復讐するために音川家に乗り込み、マチカの大切な人たちを傷つけていったと思い込むマチカは、サワコに雪斗を奪ったことを謝罪。サワコがそうではないと否定する中、2人の間に入ろうとした大津が、健介に後ろから包丁で刺されてしまう。そのまま音川家を出て行ったサワコは、とある海岸へ。「全部あなたのためだったんだよ」と微笑み、不気味に笑うのだった。

次回第8話は11月20日に放送。マチカのサワコへの復讐の様子が描かれる。