山崎賢人“那由他”、松下洸平“隼人”への愛が詰まった告白に「キュンとした」

公開:
山崎賢人“那由他”、松下洸平“隼人”への愛が詰まった告白に「キュンとした」

山崎賢人が主演する日曜劇場『アトムの童』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第2話が、10月23日に放送。ネット上では、安積那由他(山崎)がぶつけた菅生隼人(松下洸平​​)への思いに、感動する人が多くいた(以下、ネタバレが含まれます)。

富永海(​​岸井ゆきの)に連れられ、その日組んだ人たちとゲームを作るイベント『ゲームジャム』へと行った那由他は、偶然にも隼人と再会する。しかし、2人はバチバチ。那由他は会場を出て行った。

海は2人の過去を聞く。彼らの友人・緒方​​公哉(栁俊太郎)が「ジョン・ドゥ」のゲームを「SAGAS」の社長・興津晃彦​​(オダギリジョー)​​に見せたところ盗作されたという。この責任をとって、公哉​​は自ら命をたった。その後、那由他はゲームづくりをやめ、隼人は因縁の「SAGAS」に入った。これが仲違いの原因だった。

そんな中、那由他​​は、隼人が「SAGAS​​」に行った理由を知る。彼と同社が締結予定の契約書には、盗作されたゲームの名義を「ジョン・ドゥ」に変更すること。その引き換えとして、隼人が企画・制作するゲームの権利は今後すべて「SAGAS​​」に帰属するという一文が書かれていた。

彼の本当の​​気持ちを知った那由他​​は、隼人のもとへ。誤解していたことを謝罪しつつ「しゃくだけどさ、俺、お前と一緒に作っている時間が一番楽しいんだよ。俺はもう一回、隼人と一緒に作りたい。お前じゃなきゃダメなんだよ!」「アトムにこいよ。『スマッシュスライド』なんてSAGAS​​​​にくれてやろうぜ。あれ超えるもっと面白いもの、俺と一緒に作ろうぜ!」とぶつけた。隼人の返事は……。

ネット上では、​​那由他​​の熱がこもった“愛”ともとれる告白に「最高だった」「上質のラブストーリー」「キュンとした」​​とのコメントがあった。

次回は10月30日に放送。「アトム玩具」はやよい銀行から突然、融資金の即時返金を迫られる。​​