清原果耶“翡翠”と瀬戸康史“香月”の距離感に「いい感じの雰囲気」

公開: 更新:
清原果耶“翡翠”と瀬戸康史“香月”の距離感に「いい感じの雰囲気」

清原果耶が主演を務める日曜ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第2話が、10月23日に放送。推理作家・香月史郎(瀬戸康史)と距離を縮める霊媒師・城塚翡翠(清原)の姿に、ネット上では様々な反響が寄せられた(以下ネタバレが含まれます)。

大御所作家・黒越篤(阪田マサノブ)の別荘に出るという幽霊を調べることになった翡翠は、香月の運転で別荘へ向かう。別荘は明治時代に英国人が建てたもので、「水鏡荘」と呼ばれていた。

水鏡荘には、黒越の他にも、大学時代に黒越のゼミ生だった新谷由紀乃(筧美和子)や、黒越の弟子の別所幸介(入江甚儀)、編集者の有本道之(谷田部俊)らが集まっており、翡翠は人生初のバーベキューを体験するなど、楽しい時間を過ごす。

夜は香月と共に水鏡荘のリビングで幽霊の出現を待つことに。年齢の近い新谷と仲良くなったこともあり、上機嫌の翡翠は本を読もうとする香月に「一緒に読んでもいいですか?」と顔を寄せ、そのまま香月の肩にもたれかかって寝てしまう。

翌日、書斎にいた黒越が何者かに殺される事件が発生。犯人の可能性があるのは、水鏡荘の客室に泊まっていた新谷と別所と有本の3人。書斎へ行くには、香月と翡翠のいたリビングを通らなければならず、3人とも黒越の死亡推定時刻にリビングを通っていた。

翡翠の霊視によって犯人が別所だということはわかっていたが、それを証明する手立てはなく、さらに新谷が黒越と不倫関係にあったことが発覚。警察に任意同行を求められた新谷が逮捕されるのは時間の問題だった。翡翠は行き詰まって諦めかける香月と口論になってしまうが……。

事件を通じて、これまでに以上に距離を縮める2人に、ネット上では「いい感じの雰囲気」「キュンとします」「バディ最高」などの声が上がっていた。

次回、第2話は10月30日に放送。香月はサイン会にやってきた女子高生から「学校で起きている連続殺人事件を解決してほしい」と頼まれる。